オリックス銀行まとめ

  • 小玉 夏綺
  • 古川 美奈
  • 川邉 哲也

オリックス銀行って、どんな会社?

若いうちから、自分の夢に向かってチャレンジできるのがオリックス銀行の魅力です。
その夢を支えるための社風や制度を、
2018年に入社した同期3人に聞きました。

Calture01

夢に向かって、
自分らしく働きたい。

古川 私がオリックス銀行への入社を決めたのは、従来の銀行という枠にとどまらず、さまざまなことにチャレンジできる会社だと思えたからです。
もともと金融業界を希望していましたが、オリックス銀行なら、好奇心旺盛な自分らしく仕事ができると感じました。
また、就職活動中の面接では、面接官が私の良いところを引き出そうとしてくれて、私自身のことを一番素直に飾らず話せたと感じたのも入社の決め手です。
川邉 たしかに、オリックス銀行の魅力は、若手のうちから一定の裁量を持ち、いろいろなことに挑戦させてくれるというところですよね。
私は 、「経験豊富な上場企業の経営者や役員の方に会い、いろいろなことを吸収できる可能性がある」という理由で金融業界、特に、銀行を志望しましたが、他社の面接では、「君のやりたいことはすぐにはできないかもしれない」と言われることもありました。
でも、オリックス銀行の面接では、私の希望に耳を傾け、しっかりと向き合ってくれました。そして入社後、「こんなに責任のある仕事を任せてもらえるのか」と驚くほど、何事にも挑戦できていることは大きなやりがいです。
小玉 私は2人と違って、金融業界に絞らず、「人」をポイントに幅広い業種を考えていました。多くの会社を見て、自分に合う就職先を決めたかったからです。
金融業界は堅苦しそうなイメージで少し敬遠していましたが、オリックス銀行の面接官は、良い意味で金融業界らしくない、話しやすい雰囲気だったので、緊張せずに自分自身のことを話すことができました。そんな「人」に魅力を感じたのが、オリックス銀行でしたね。
夢に向かって、自分らしく働きたい。 夢に向かって、自分らしく働きたい。

Calture02

夢をかなえ、
成長できる環境がある。

川邉 入社後、事業法人部に配属されて、法人のお客さまに対する運転資金や事業資金の融資を担当しています。時には大きな金額が動く仕事ですから、お客さまの事業の将来性などを見定める冷静な「目」を養っていかなくてはなりません。
入社前の面接で希望したとおり、直接、経営者や役員の方とお会いし、お話を伺う中で 、少しずつですが、優れた企業の共通点なども見えてきたように思います。知ったかぶりをせず、経験豊富な方々にいろいろなことを、直接教えていただく。この仕事は思った以上に刺激的で、私を成長させてくれています。
古川 私も、面接で感じた印象は、入社してからも全く変わりません。上司や先輩たちは、私の考えを生かそうと積極的に意見を聞いてくれます。今、私は、オリックス銀行の収益の柱である、投資用マンションローンを扱う営業部に所属しています。不動産会社からご紹介いただいた個人のお客さまに対して、投資用マンションの融資を行っているのですが、自分が関わった案件が無事に実行されたときに達成感を覚えますね。それが、お客さまに寄り添えた結果ですから。
また、金融知識だけではなく、お客さまとお話しする中で、いろいろな知識や経験談を聞く機会が多く、視野も広がってきたと思います。
小玉 私は、新人では珍しく管理部門に配属されました。現在所属している経営管理部与信企画チームでは、信用リスク管理関係の規則やマニュアルの整備、自己査定業務の管理などを行っています。約50の規則、約300の書式を所管しており、間違いの許されない、覚えることの多い仕事です。
規則などは更新されることが多く、2年たった今でも理解できていないこともありますが、「わからない」ことを理解してくれる先輩の存在はとても大きいです。助けてもらいながら、できることやわかることが一つずつ増えてきました。また、上司が「小玉さんの意見をどんどん部内に発信していこう」と言ってくれるので、質問や意見が言いやすく、安心した環境で仕事ができています。
夢を叶え、成長できる環境がある。 夢を叶え、成長できる環境がある。

Calture03

チーム力と整った制度で、
多様性のある働き方を。

小玉 オリックス銀行には、子育てをしながら働く先輩も多くいます。時短勤務やフレックスタイム制度などをうまく利用して、個人の生活に合わせた柔軟な働き方をしています。子育て中の社員に限らず、みなさんが制度を活用して仕事とプライベートの充実を実現している印象です。
ライフステージに合わせて働ける環境が整っており、私自身の未来の姿もイメージしやすいです。
古川 営業部は休みが取りにくいイメージを持っていましたが、まったくそんなことはなく、ライフワークバランスはとても良好です。
休暇を取る場合も、チーム内で引き継ぎを徹底しているので、しっかり休んでも、スムーズに業務にのぞめます。
実は昨年、休日や連休を合わせて、3カ月連続で海外旅行を楽しんできました。年間で数えると、7回!このメリハリのある働き方が、仕事のやる気にもつながっていると思います。
川邉 たしかに、先輩や上司から「川邉さんが休みの間にやっておくことはある?」とよく声をかけてくれます。だから、とても頼みやすい。そして自分も、後輩が休むときには、自分から声をかけるようになりました。
新入社員に対しては、先輩が1対1で教えてくれるOJT制度があるため、仕事を確実に覚えた後に、自信を持って独り立ちすることができます。そして、仕事を任されるようになった後も、困ったことがあればサポートしてくれます。
私の場合は、指導してくれた先輩のようにカッコいいトレーナーになって、入社してくる後輩の役に立ちたいと思う気持ちが、今、仕事のモチベーションにもなっています。お客さまや先輩から教わったことを後輩に受け継いでいく。これも、オリックス銀行の文化の一つだと思います。
チーム力と整った制度で、多様性のある働き方を。 チーム力と整った制度で、多様性のある働き方を。

Calture04

失敗も経験!
前向きな仲間を待っています。

川邉 「失敗も経験」だと思ってくれるというのも、オリックス銀行の文化です。私自身も、新人の頃は仕事の段取りが悪くて、お客さまを怒らせてしまうなど、数々の失敗を経験してきました。ミスはしないに越したことはないのですが、そのミスを「反省し次にどう生かすか」ということが、とても大切です。だからこそ後輩には、失敗を恐れずに仕事に向かってほしいと思います。
小玉 私も顔面蒼白になりそうな失敗はいくつも…。でも、そんな時上司は、なぜそのミスが起きたのか、同じミスをしないためにどうすべきなのかを一緒に考えてくれました。そのおかげで、同じ失敗を繰り返さないように気をつけるようになったのだと思います。
古川 私も時々ミスをしてしまいますが(笑)、オリックス銀行は、お客さまのために仕事をひたむきにがんばっていれば、周りが必ず助けてくれる会社です。失敗は誰もが通る道だと先輩たちも思っているから、共感しながら、解決へと導いてくれるのだと思います。
失敗を恐れず、前向きな仲間に会えることを、今から心待ちにしています。
失敗も経験!前向きな仲間を待っています。 失敗も経験!前向きな仲間を待っています。
オリックス銀行の社風を知ろう オリックス銀行の社風を知ろう