社員を知る

挑戦できるフィールドを選んだから、
自分の成長を実感できる

信託部門(総合職) | 2017年中途入社 鈴木 結夏

もっと社会の役に立ちたいと転職

「自分は、社会にもっと貢献できるはず」。前職の銀行に在職中、そう考えることが徐々に増えていました。従業員数が多い前職では、一人ひとりに任せられる仕事の幅は狭く、なかなかその案件全体を見ることはできませんでした。そのためたとえプロジェクト全体が社会にとって大切な役割を果たしていたとしても、自分が何のためにこの仕事をしているのかを実感しにくく、やりがいを感じづらいと思っていました。

「社会の役に立つ仕事がしたい」と学生時代から考えていた私にとって、その環境はもどかしく、誰かの役に立っていることを実感できる、もっと自分の力を試せる場所で働きたいという気持ちがだんだん強くなってきていました。

転職活動でオリックス銀行を訪問した際、ひとつの案件を色々な部署で作り上げていた前職と違い、ひとつの部署かつ少人数で作り上げていることを知りました。自分で挑戦できるフィールドがあることに大きな魅力を感じたのです。

一つひとつ経験が自信に。まずは、チャレンジしてみること。

入社してまず驚いたのは、組織の柔軟性とそのスピード感でした。当社のスローガンは「ニッポンの銀行に、しなやかな発想を。」ですが、そのスローガンどおりの柔軟性です。

たとえば、当社では、ひとつの案件の立案から実施まですべてを少人数のチームにゆだねられるので、自分たちでアイデアを出しながらクロージングまで持っていかなくてはなりません。入社時に望んでいたとおりではありましたが、その後、業務を教えてくれていた先輩が異動になり、実際に自分で案件を進めなければならなくなった時には、さすがにプレッシャーも感じました。

その先輩から言われた、「これまで接してこなかった営業担当者や投資家の目線も大事にして、もっと成長してほしい」という言葉を意識しながら奮闘し、おかげで無事にその案件を成功させることができました。この経験が今でも自分の自信につながっています。

現在は、当社が保有するオートローンや不動産ローンなどの債権の流動化や、シンジケートローンのアレンジメント(他の金融機関と共同で融資をする際の取りまとめ)業務に携わっています。今でも、先輩の言葉どおり「営業目線」を意識して仕事することを大切にしていて、営業担当者からの「ありがとう」の言葉の先にお客さまの存在も感じて、大きな励みになっています。

自分で働き方も選べる。それも魅力のひとつ。

また、当社の働きやすい制度も魅力のひとつです。コアタイムはなく、1日(8時~22時)の中で1時間以上出社すればいい「スーパーフレックスタイム」や、時間単位有給など、働き方を自分で選べる制度が充実しています。制度が整っているだけではなく、実際に多くの社員がその制度を普通に活用している環境でもあり、使いにくさは全くありません。

仕事を進めるべき時は、仕事に集中し、趣味や勉強にも時間を使う。まわりには、そんな先輩が多くいます。やる気があり、自分で率先して仕事をしている人が多いので、自分も前向きでいられますし、新しい仲間が入ってきた時に助け合えるのも、当社の文化のひとつです。

オリックス銀行に入社して2年。私自身、挑戦する機会が多くなったことで、これまでより成長のスピードが早まったことを実感しています。

就職活動中は、企業名やその規模に気を取られがちです。でも、入社を考えている企業について、一度、その企業で実際に働く自分の姿を想像してみてください。

その姿が、自分の理想に近いなら、きっと長く働き続けることができると思います。

ある日のスケジュール

  1. 09:00

    メールのチェックから仕事を開始。同時にその日の業務を確認する。

  2. 10:00

    他の部署からの新規案件の相談を受けたり、営業担当者とミーティング。
    複数の案件が同時に進捗している場合がほとんどのため、常に状況などを共有している。

  3. 11:00

    融資先や投資家を訪問することも。

  4. 13:00

    流動化債権のデータ分析をしたり、データベースを整備したりする。

  5. 19:00

    退社