社員を知る

失敗は次の成功につなげよう。
挑戦したことすべてが自信になるから。

法人営業部門(総合職) | 2005年新卒入社 饗庭 美香

バリバリ活躍している先輩がいたから、がんばろうと思えた。

就職活動中、当初は実家に近い関東でという以外、業種などにこだわりはありませんでした。ただ、さまざまな企業を見ていくうちに、金融業界の「幅広い業種の人たちと関わることができる」という特徴に漠然とした魅力を感じるようになり、オリックス銀行への就職を決めました。

最初に配属された住宅ローンの営業部は、若いうちから責任ある仕事を任される環境でした。上司にも臆することなく、正しいと思ったことを進言する、格好良い先輩の姿を目の当たりにして、私も早くひとり立ちできるようにと思い、必死でさまざまな知識を身につけました。

先輩たちが私のことを常に気にかけてくれて、可愛がってくれたこともありがたく、その環境と社風のおかげで、わからないことをそのままにせず、自ら先輩たちに聞きに行くことができ、とても良い経験をしました。

お客さまの期待に応えられたときが、最高のやりがい

営業というと、「モノを売りに行く」イメージが強いかもしれませんが、私は、「お客さまにたくさん話をしてもらうこと」こそが、一番の仕事だと思っています。話し始めは建前であっても、たくさん話をしているうちに本音が見えてきて、そこにお客さまの本当のニーズが隠されているからです。お話に真剣に耳を傾け、ニーズに合ったプランを考えて実行した結果、お客さまの期待に応えられたときが、最高にやりがいを感じる瞬間です。

以前、不動産事業者のお客さまを担当していたときのことです。不動産の開発プロジェクトの融資を控えている中、不動産とは全く別の事業を開始したので、融資実行のためにはその新規事業についての分析も必要になったことがありました。当社では全く知見のない分野で、役に立てるか不安でしたが、「必ず実現させる」と覚悟を決め、何度も社長の元に通いながら新規事業の分析をし、結果、その融資を無事に実行しました。

それから数年経ち、私が異動した現在でも、その社長は会うたびに当時を振り返り、感謝の言葉をくださいます。これもまた、営業の醍醐味のひとつです。

失敗を受け止めてくれる会社だから、挑戦し続けられる。

現在所属している事業開発部には、台湾人、中国人の社員も在籍しています。文化背景の異なる彼らの考え方や物事を捉える視点には、はっとさせられることもあり、多様性が重要なことを日々感じ、刺激を受けています。

法人のお客さま向けの新サービスを作る新規事業開発に携わっていますが、さまざまなサービスの企画に挑戦していきたいと思っています。

当社は、失敗も受け止めてくれる会社です。過去、私も数々の失敗をしてきましたが、新しいことにチャレンジした結果や、一生懸命やった結果の失敗に対しては、上司から怒られたことは一度もありません。怒られないことで、却って、その失敗を今後の成功につなげていかなければ、と思えます。

仕事は、決して楽しいことばかりではありませんが、苦しいときを乗り越えて得たやりがいは最高に嬉しいと思えます。前向きに新しいことに挑戦できる仲間と、ぜひ一緒に働きたいと思います。

ある日のスケジュール

  1. 10:00

    午前・午後ともにお客さまのところに訪問する日が多い。週に4日程度。

  2. 16:00

    チームミーティングで各人の業務の進捗状況を報告

  3. 18:00

    退社