会社を知る

私には、オリックス銀行がある。

当社は、1998年にオリックスグループ入りして以来、「インフラコストを可能な限り抑えて、より魅力的な金融商品・サービスを提供する」とのコンセプトのもと、ビジネスを展開してまいりました。

メガバンクや地方銀行のような総合サービスではなく、強みのある得意分野に特化してサービスを提供することにより、お客さまのニーズにお応えし、お客さまにより一層「お選びいただける銀行」「ご利用いただける銀行」を目指しています。

当社の強みは、インターネットを中心とした銀行であるため通常の銀行よりインフラや人件費などのコストが低く抑えられることです。例えば預金の取り引きは、主にインターネットや電話を通じて行っています。そのため、定期預金の金利水準を高めに設定することができます。一方、不動産投資ローンや法人融資、信託業務では、営業担当者が必ずお客さまのもとに直接足を運び、対話を通じて最もふさわしいソリューションをご提案しています。このように、商品・サービスの特性に合わせて、対面、非対面の異なる取引方法を提供するのは、メガバンクや地方銀行、ネット専業銀行などとは異なる、オリックス銀行独自のビジネスモデルです。