厳選!
ORIX Bank Selection資産運用で+αのリターンを

中長期目線で、積極的に値上がりを追求 オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド
 

  • オリックス 世界社債アクティブファンド
  • オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド
  • 朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド
  • 三井住友・配当フォーカスオープン
  • 明治安田J-REIT戦略ファンド
  • ノーロード明治安田J-REITアクティブ
  • エス・ビー日本株券ファンド
  • オリックス 世界国債ファンド
手数料・リスク等の詳細はこちら

日本で販売されている投資信託は約6,000本あり、その種類もさまざま。
その中から、お客さまがご自身に適したファンドを選ぶのは大変なことです。
中長期の資産形成のために厳選したファンドで、
皆さまの資産運用をお手伝いします。 ※出典:投信検索総合ライブラリー(2020年8月末時点)

テーマ型株式ファンドやインデックスファンド
を持っているAさん

  • Aさん
  • 株式に投資するファンドはいろいろあるけれど、他の株式ファンドと比べて、
    どんな特徴があるの?
    株式に投資するファンドはいろいろあるけれど、
    他の株式ファンドと比べて、
    どんな特徴があるの?
  • オリックス銀行の投資信託は、厳選の8本。
    その中でも、積極的に値上がりを追求したい方には「オリックス 先進
    国株式マーケット・プラス・ファンド」。
    企業の投資魅力度をはかる独自の分析と、ESGの要素を考慮したポ
    ートフォリオが魅力です。
    中長期にわたり持続的に成長が期待できる銘柄を選ぶための基準として、
    ESGを考慮しているんです。
    オリックス銀行の投資信託は、厳選の8本。
    その中でも、積極的に値上がりを追求したい方には「オリックス 先進国株式マーケット・
    プラス・ファンド」。
    企業の投資魅力度をはかる独自の分析と、ESGの要素を考慮したポートフォリオ
    魅力です。
    中長期にわたり持続的に成長が期待できる銘柄を選ぶための基準として、ESGを考慮しているんです。
  • ORIX BANK
  • Aさん
  • ESGを考慮することで、
    短期的な値上がりだけではなく、中長期目線でのパフォ
    ーマンス向上をめざしているんだね。
    ESGを考慮することで、
    短期的な値上がりだけではなく、中長期目線
    でのパフォーマンス向上をめざしているんだね。

POINT 01 中長期パフォーマンスの向上に有効なESG投資

「Global Developed Enhanced Indexing
Equities(コンポジット)」の
パフォーマンス

EUR建て、分配金再投資ベース、運用報酬その他の費用控除前
 
 
 
 

出所:ロベコおよびMSCIのデータをもとに当社が作成
期間:2004年11月~2020年6月末(月次)
参考指数:MSCI World Index(EUR建て、税引き後配当再投資ベース)

  • コンポジットとは、類似の投資目的、投資戦略、商品内容に基づいて運用される一つ以上のポートフォリオをまとめたもので、運用成績を示す一つの手段として使われます。当ファンドの投資先ファンドと同じ運用戦略のファンドが属する「Global Developed Enhanced Indexing Equities」のコンポジットは、2004年11月に開始し、15年を超える運用実績を有しています。
  • 当ファンドが投資するルクセンブルグ籍円建て外国投資法人「Robeco Capital Growth Funds - Robeco QI Global Developed Enhanced Index Equities - I JPY」投資証券は、2018年5月に設定されたものであることから、長期の運用実績をイメージいただく目的で、「Global Developed Enhanced Indexing Equities」コンポジットのユーロ建ての運用報酬控除前の運用実績を示しています。当ファンドの設定来の運用実績はこちらで確認いただけます。
  • 運用実績および参考指数のグラフは、ユーロ建てであり、円建ての場合のデータと値動きが異なります。また、実際には、信託報酬その他の費用が発生するため、これらがファンドの運用実績にマイナスの影響を与えます。
  • 上記は、過去の実績を示したものであり、当ファンドおよび投資先ファンドならびに「Global Developed Enhanced Indexing Equities」コンポジットの将来の投資成果および市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。
  • 参考指数は、当ファンドおよび投資先ファンドのベンチマークではありません。
  • コンポジット、インデックスともに、2004年10月末を100として指数化したものです。
  • MSCI World Indexは、MSCI Inc.が開発した株価指数です。同指数に関する著作権、その他知的財産権はMSCI Inc.に帰属します。

株式投資では日々の値動きが気になるBさん

  • Bさん
  • 株式は日々の値動きが大きい傾向があるし、
    こまめな売買が必要なイメージ…
    株式は日々の値動きが大きい傾向があるし、
    こまめな売買が必要なイメージ…
  • 保有期間が短い場合には、投資タイミングによってはマイナスになることが
    ありますが、より長期に保有することで、マイナスを抑える
    効果が期待できるんです。
    保有期間が短い場合には、投資タイミングによってはマイナスになることがありますが、より長期に
    保有することで、マイナスを抑える効果
    期待できるんです。
  • ORIX BANK
  • Bさん
  • 売買のタイミングがむずかしい株式投資だからこそ、中長期
    目線での投資を考えてみてもいいね。
    売買のタイミングがむずかしい株式投資だからこそ、 中長期目線での投資を考えてみてもいいね。

POINT 02 中長期保有でリターンが向上

「Global Developed Enhanced Indexing
Equities(コンポジット)」の

保有期間別パフォーマンス

EUR建て、分配金再投資ベース、運用報酬その他の費用控除前
以下は、当ファンドの投資先ファンドと同じ運用戦略のファンドが属する「Global Developed Enhanced Indexing Equities(コンポジット)」のパフォーマンスを使用しているため、当ファンドの運用実績ではありません。また、当ファンドおよび投資先ファンドならびに「Global Developed Enhanced Indexing Equities(コンポジット)」の将来の投資成果および市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。
 
 
1994年に運用を開始し、25年超の運用実績
 
 
1994年に運用を開始し、25年超の運用実績
  • パフォーマンスは、2014年11月末から2020年4月末までの期間において、保有期間1年、3年、5年、10年で投資した場合のそれぞれの収益率を試算したものです。
  • 当ファンドが投資対象とするルクセンブルグ籍円建て外国投資法人「Robeco Capital Growth Funds – Robeco QI Global Developed Enhanced Index Equities – I JPY」投資証券は、2018年5月に設定されたものであることから、長期の運用実績をイメージいただく目的で、「Quant Developed Market Equities」コンポジットのユーロ建て運用実績に基づく試算を示しています。運用実績は、信託報酬控除前のものです。当ファンドの設定来の運用実績はこちらで確認いただけます。
    運用実績および参考指数のグラフはユーロ建てであり、円建ての場合と動きが異なります。また、実際には信託報酬その他の費用が発生するため、これらがファンドの運用実績にマイナスの影響を与えます。
    上記は過去の実績に基づく試算を示したものであり、当ファンドおよび投資先ファンドならびに「Quant Developed Market Equities」コンポジットの将来の投資成果および市場環境の変動等を示唆・保証するものではありません。

ファンドの購入や運用にかかる手数料を
できるだけ抑えたいCさん

  • Cさん
  • アクティブファンドは、手数料が高そう…
    似たような商品であれば、コストができる限り抑えられたファンドを選びた
    いな。
    アクティブファンドは、手数料が高そう…
    似たような商品であれば、コストができる限り抑えられたファンドを選びたいな。
  • 「オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド」の
    運用管理費用(信託報酬)は、年率0.921%(税込)。当ファンド
    と同カテゴリーのファンドの平均年率1.76%(税込)
    に比べ、低く抑えられているんです。 ※出典:モーニングスター 2020年8月末時点
    「オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド」の運用管理費用(信託報酬)は、年率0.921%(税込)。当ファンドと
    同カテゴリーのファンドの
    平均年率1.76%(税込)※
    に比べ、低く抑えられているんです。 ※出典:モーニングスター 2020年8月末時点
  • ORIX BANK
  • Cさん
  • オリックス銀行では、購入時手数料が無料なのもうれしいですね。
    コストを抑えて、 投資成果の最大化が期待できるのね。
    オリックス銀行では、購入時手数料が無料なのもうれしいですね。コストを抑えて、投資成果の
    最大化が期待できるのね。

POINT 03 低水準の運用管理コスト

  • 当ファンドの信託報酬率は0.921%、
    同カテゴリーのファンドの平均信託報酬率は1.76%。
    約0.8%の差で、運用成果はどれくらい異なるのでしょうか?
    当ファンドの信託報酬率は0.921%、
    同カテゴリーのファンドの平均信託報酬率は1.76%。
    約0.8%の差で、運用成果はどれくらい異なる
    のでしょうか?
  • ORIX BANK
 
 
100万円を年率5%で10年間運用した場合
 
 
100万円を年率5%で10年間運用した場合
  • 当初100万円を投資したと仮定し、月複利でパフォーマンスを試算したものです。あくまでイメージ図であり、当ファンドおよび投資先ファンドの将来の運用成果および市場環境の変化等を示唆・保証するものではありません。
  • モーニングスター社が算出するフィーレベル・カテゴリー 先進国株式・アクティブのフィーレベルカテゴリー平均値1.76%を使用しています。
  • 税金、手数料(購入時手数料、分配金、分配金再投資)、追加購入や途中売却等は考慮していません。
  • 通常、信託報酬は日次で計算されますが、簡便な方法による計算のため、本試算では年次計算にて算出しています。結果は概算値であり、実際の取引結果と異なる場合があります。
  • 「オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド」は、ESGが考慮された運用低水準の運用管理費用(信託報酬)
    など、中長期での資産運用に最適。
    直近のパフォーマンスはこちらから確認できます。
    「オリックス 先進国株式マーケット・プラス・ファンド」は、ESGが考慮された運用
    低水準の運用管理費用(信託報酬)など、
    中長期での資産運用に最適。
    直近のパフォーマンスはこちらから確認できます。
  • ORIX BANK
  • イラスト
  • 株式型ファンドは短期的な値上がりを期待するイメージだっ
    たけれど、「オリックス 先進国株式マーケット・
    プラス・ファンド」で、中長期目線での株式投資に挑戦してみたいです。
    株式型ファンドは短期的な値上がりを期待するイメージだったけれど、
    「オリックス 先進国株式マーケット・
    プラス・ファンド」で、中長期目線での株式投資に挑戦してみたいです。
  • オリックス銀行では、ほかにも中長期投資に適した投資信託を取り扱っています。
    ぜひ、自分の投資スタイルに合った投資信託を探してみましょう。
    オリックス銀行では、ほかにも中長期投資に適した投資信託を取り扱っています。
    ぜひ、自分の投資スタイルに合った投資信託を探してみましょう。
  • ORIX BANK

厳選! だから迷わない!

投資信託 投資信託
投資信託 投資信託
投資信託の詳細はこちら 

お申し込みはこちら

投資信託のお申し込みには、eダイレクト預金口座が必要です。

投資信託の注意事項

投資信託は、投資元本および利回りが保証された商品ではありません。また、元本割れが生じるリスクがあります。購入の際には、以下の内容および各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面・重要事項」を確認のうえ、お客さま自身で投資判断を行ってください。

  • 1. 投資リスク
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。
    また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
  • 2. 預金保険
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 3. 投資者保護基金
  • 銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 4. 費用
  • 投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。なお、ファンドごとに費用の料率が異なりますので、詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
    投資信託の費用
  • 5. 取引にかかる制限
  • 投資信託には元本割れなどのリスクがあるため、お客さまの投資目的や運用資金の性格などに照らして、適さない場合には取引を制限します。また、お客さまの投資割合が一定の割合以上になる場合にも、取引を制限することがあります。
    海外市場の休業等の影響により、購入や換金の申し込みができないことがあります。
  • 6. その他注意事項
  • 日本にお住まいで、税務上の居住地国が日本のみである個人のお客さまが申し込みいただけます。
    満20歳未満のお客さまには利用いただけません。
    eダイレクト預金口座をお持ちでない場合は、まず口座を開設する必要があります。eダイレクト預金口座開設の申し込みから完了までには10営業日程度かかります。
    当社は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
    当社が取り扱う投資信託は買取請求に対応していません。すべて、解約請求での換金となります。なお、どちらの請求でも受取金額の税制上の違いはありません。
    当社では、NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISAは現在取り扱いしていません。
    当社では、投資信託の積み立ては現在取り扱いしていません。一括購入のみの取り扱いです。
    当社で取り扱う投資信託の最低購入金額は、ファンドによって異なります。
    当社では、保有ファンドのコース変更(収益分配金の受取/再投資)はできません。
    当社での投資信託の取引は、現在インターネットのみとなっています。

お問い合わせ

  • 投資信託デスク 0120-104-148

受付時間 9:00 ~ 17:00 土日祝および12/31 ~ 1/3休

受付時間 9:00 ~ 17:00
土日祝および12/31 ~ 1/3休