かんたん相続信託

相続人と遺留分について

相続人の範囲と順位

相続人となる方の範囲と順位は、民法において定められています。配偶者は、常に相続人となります。その他の相続人(子・直系尊属・兄弟姉妹)については、順位があり、先順位の者が優先して相続人となります。子が第1順位、直系尊属が第2順位、兄弟姉妹が第3順位となり、例えば第1順位である子が存在する場合には、直系尊属と兄弟姉妹は相続人になりません。

直系尊属とは、父母・祖父母などご本人より前の世代で、直通する系統の親族をいいます。

省略

遺留分

「遺留分」制度とは、配偶者・子・直系尊属に対して最低限の相続割合を民法で定めるものであり、その割合も決められています。兄弟姉妹に、遺留分はありません。
相続財産の分け方が、遺留分を侵害することになった(最低限の相続割合を下回った)場合、侵害された相続人は、侵害している受遺者や受贈者、または他の相続人に対し、「遺留分侵害額請求」として侵害額に相当する金銭の支払いを請求することができます。

相続人と遺留分の例示
相続開始時に存在する方 相続人 遺留分
配偶者のみ 配偶者のみ 1 / 2
配偶者と子 配偶者と子 配偶者1 / 4 子1 / 4
配偶者と父母 配偶者と父母 配偶者1 / 3 父母1 / 6
配偶者と兄弟姉妹 配偶者と兄弟姉妹 配偶者1 / 2 兄弟姉妹なし
配偶者はおらず、子がいる 子のみ 1 / 2
配偶者と子はおらず、父母がいる 父母のみ 1 / 3
兄弟姉妹のみ 兄弟姉妹 なし