家族信託サポートサービス

雑誌「婦人公論」のインタビューを受けました!
インタビュー記事は婦人公論10月12日号「認知症特集」に掲載

そして、婦人公論が開催する「家族信託」オンラインセミナーで当社のコンサルタントが『家族信託』について説明します。

同誌編集長との対談「コロナ時代の認知症 最新情報」もお届けする予定です。

セミナーは11月27日(土)13:00から12月1日(水)まで視聴いただけます。ぜひご参加ください!

[家族信託サポートサービス〈自宅・金銭限定コース〉の紹介!] [相談対象財産は自宅・金銭のみ ※対象となる財産には要件があります] [対象財産の金額にかかわらず相談手数料は一律275,000円(消費税込み)] 詳しくはこちら→

認知症になる前に
家族が代わりに自宅やお金を管理する『家族信託』で対策して、将来の安心を得ませんか。

認知症などを発症して、本人が意思表示できないと

自分の財産はあるのに活用できず、お子さまなどに費用を負担させることになりかねません。

そうならないよう『家族信託』で認知症に備えましょう。

オリックス銀行では『家族信託』に関わる3つの商品を提供しています。

『家族信託』をはじめとした、財産管理や資産承継のコンサルティングを行うサービス

『家族信託』にて、受託者が金銭を分別管理するための信託口口座

本口座はインターネット取引専用口座です。来社不要で自宅から口座開設が可能です。

『家族信託』に対応した投資用不動産ローン

詳しくは、家族信託サポートデスクにお問い合わせください。

家族信託サポートデスク

受付時間 9:00~17:00 土日祝および12/31~1/3休

家族信託とは

家族信託の仕組み

家族信託では、ご家族の間で「信託契約」を締結します。
所有する財産の管理を委託する方を「委託者」、財産の管理・処分を行う方を「受託者」として、両者の間で信託契約を締結します。
なお、この際に「信託」という独特の仕組みとして、財産が委託者から受託者に移転されます。
そして、信託契約で定められた委託者の要望や目的に応じて、受託者が財産の管理・処分を行い、これらにより得られる利益等を受益者に給付します。

信託契約の受託者その他当事者となるのは、お客さま自身またはそのご家族等であり、当社は家族信託の当事者とはなりません。

お問い合わせ

家族信託サポートデスク

受付時間 9:00~17:00 土日祝および12/31~1/3休