カードローンLINEで契約照会サービス利用規定

本規定は、オリックス銀行株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供するLINEで契約照会サービス(以下、「本サービス」といいます。)を利用する場合の取り扱いを規定したものです。なお、特段の定めがない限り、当社が別途定める「カードローン取引規定」における定義は本規定においても適用されるものとします。

第1条 LINEで契約照会サービス

本サービスは、LINE株式会社が提供する高機能携帯端末(以下、「通信端末」といいます。)用アプリケーション「LINE」をインストールのうえ、当社のカードローンをご契約されているお客さまが、「LINE」をインストールした通信端末を通じ、「LINE」の操作に適した形式で、カードローンのお取引専用のウェブサイト「メンバーズナビ」(以下、「専用ウェブサイト」といいます。)の一部機能(借入可能額、ご利用残高、次回約定返済額、次回約定返済日、ご利用限度額、借入利率の照会取引)を利用することが可能となるサービスです。

本サービスの利用対象者は、当社のカードローンをご契約されており、専用ウェブサイトの利用が可能で、かつ、本規定に同意いただいたお客さまとします。お客さまは、本規定の他、「カードローン取引規定」、「カードローン 個人情報の取扱いに関する規定」その他当社が別途定める各種関連規定等が適用されることおよびその内容を十分に理解したうえで、自らの判断と責任において、本サービスを利用するものとします。

本サービスの利用時間は、当社が別途定めた時間内とします。ただし、当該時間内にかかわらず、臨時のシステム改修等の実施により、本サービスの全部または一部が利用できない場合があります。

お客さまは、本サービスを無料で利用することができます。ただし、ご利用時の通信料につきましてはお客さまのご負担となります。

当社とお客さまの間のカードローンの契約が解約された場合は、本サービスも自動的に終了されるものとします。

当社は、お客さまが本規定に違反した場合に、本サービスを終了することができるものとします。

第2条 利用方法等

お客さまは、通信端末を通じて、「LINE」のオリックス銀行公式アカウント(以下、「公式アカウント」といいます。)の友だち登録を行った後、公式アカウントから専用ウェブサイトとの連携を申し込み、専用ウェブサイトにおいて当社所定の方法および操作手順に基づいて登録手続を完了させることにより、公式アカウントから本サービスを利用することができます。

次の場合には、本サービスを利用することができません。

  1. (1)
    通信端末の障害、もしくはコンピューター等の障害、回線障害、または電話の不通等により取り扱いができない場合。
  2. (2)
    お客さまが、本サービスを利用せずに専用ウェブサイトに直接ログインするときに、当社指定の回数を超えてログインパスワードを誤って入力した結果、専用ウェブサイトを利用することができなくなった場合。
  3. (3)
    当社が、本サービスの利用を停止した場合。
  4. (4)
    お客さまが「LINE」を使用できない場合。

前項(2)に該当した場合において、本サービスを再開する場合には、公式アカウントに掲載される当社お問い合わせ窓口までご連絡下さい。

本サービスの利用の継続を希望しない場合、「LINE」上で公式アカウントをブロックすることにより直ちに本サービスの利用を終了することができます。一度終了した本サービスの利用を再度希望する場合は、第2条の利用方法等に定める手続をあらためて行ってください。

お客さまは、本サービスをご利用している通信端末を用いて第三者が本サービスを利用しないように、当該通信端末をお客さま自身の責任において厳重に管理するものとします。

第3条 情報の取扱い

本サービスの提供にあたり、当社は、LINE株式会社に対し、お客さまと当社の間のカードローンの契約について、以下に記載される個人情報を提供します。なお、以下に記載されるもの以外のお客さまの個人情報は提供いたしません。

  1. (1)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点における借入可能額。
  2. (2)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点におけるご利用残高。
  3. (3)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点における次回約定返済額。
  4. (4)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点における次回約定返済日。
  5. (5)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点におけるご利用限度額。
  6. (6)
    お客さまが本サービスの利用により照会を行った時点における借入利率。

第4条 譲渡・質入れ等の禁止

お客さまは、本サービスを自身による利用のみの目的で利用するものとし、本サービスに基づくお客さまの権利について譲渡、質入れ、第三者への貸与等はできません。

第5条 免責事項

通信端末の機種変更、端末初期化、圏外時の利用もしくは障害の発生、通信機械もしくはコンピューター等の障害、回線障害、電話の不通、または「LINE」およびその他LINE株式会社が提供する付随サービスの提供の中断もしくは終了等に起因し、本サービスの取扱いが遅延もしくは不能となった場合、または本サービスを利用して取得した情報・データが喪失もしくは漏えいした場合、それにより生じた損害について当社は一切の責任を負いません。

当社は、お客さまの通信端末による公式アカウントを通じての本サービスの登録手続および本サービスの利用についてお客さま本人による行為として取り扱うものとし、お客さまの「LINE」のログインに必要な情報および専用ウェブサイトのログインに必要な情報の詐取、盗用、その他事故によるものであっても、それにより生じた損害について当社は一切の責任を負いません。

災害・事変等当社の責めに帰すことのできない事由、または裁判所等公的機関の措置等やむをえない事由により、本サービスの取扱いが遅延または不能となった場合、それにより生じた損害について当社は一切の責任を負いません。

第6条 サービス内容の改廃および規定の変更

本サービスは当社の都合で、当社ホームページへの掲載等にて告知の上、利用時間その他サービス内容の変更、一時停止あるいは廃止をすることがあります。

本規定は、当社の都合で変更することがあります。当社は、本規定の変更日の1ヶ月前までに当社ホームページに掲載する方法その他の適切な方法により、変更後の規定の内容および変更日をお客さまにお知らせします。本規定の変更日以降は、変更後の本規定に従うものとし、この変更によって生じた損害について、当社は一切の責任を負いません。

第7条 著作権等

本サービスの著作権その他一切の知的財産権は当社または当社に当該知的財産権の利用を許諾している第三者に帰属します。

お客さまは、本サービスのプログラムおよび本サービスに付帯する情報の転載・複製・転送・改変、またはリバースエンジニアリング等を行ってはならないものとします。

第8条 準拠法・管轄

本規定および本規定に基づく諸取引の準拠法は日本法とします。本規定に基づく諸取引に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年1月28日現在