取引時の本人確認方法の変更について

重要なお知らせ

「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」の一部改正(2020年4月1日施行)により、口座開設時などの本人確認方法が
変更になります。

これに伴い、当社では2020年3月24日(火)以降の投資信託口座の開設申し込みから、以下のとおり本人確認方法を変更します。

 

 〈変更点〉

・マイナンバー(個人番号)を提供済みの場合

 本人確認書類の写し1点を提出


・マイナンバー(個人番号)を提供していない場合

 個人番号カード(写し)または住民票の写し(原本)、および本人確認書類の写し1点を提出

 もしくは通知カード(写し)および本人確認書類2点を提出

 

なお、2020年3月24日(火)までに口座開設の申し込みをしたお客さまで、4月1日(水)以降に書類を提出する場合は、
追加で本人確認書類の提出をお願いすることがあります。
お客さまにはお手数をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

以上

eダイレクト預金口座をお持ちでない方

eダイレクト預金口座開設

投資信託のお申し込みには、eダイレクト預金口座が必要です。

eダイレクト預金口座をお持ちの方

投資信託口座開設および
ご利用開始までのお手続き

投資信託TOP