オリックス銀行の投資信託 ~お客さまへの約束~

要旨・まとめ

  • 厳選したファンドを提供し、お客さまに安心感と信頼感をもっていただくことが、当社のミッション。
  • 当社が中長期投資に適したファンドを厳選する過程で重視しているのが、ESGが企業への投資プロセスにどう考慮されているか。
  • 環境への配慮や社会性、ガバナンスといったESGへの対応が企業の持続的成長につながる。

全文書き起こし

ナレーター

オリックス銀行は、常にお客さまにとって最善の利益を追求したいと考えています。
お客さまの大切な資産を厳選した場所に運び、育てていく。その道のりで、例えば天気の日もあれば、雨の日もあるかもしれません。
わたしたちオリックス銀行は、どんな日もお客さまとともに歩んでいきたい。お客さまの大切な資産を見守り、育てていきます。

田中

よりパフォーマンスの優れたファンドをご提案する。そのためにご要望に応じて、電話でのご相談や予約制の来店相談サービスもご用意しています。
何千本ある中からご自身に適したファンドを選ぶのは簡単ではありません。そのようなお客さまの不安を取り除き、お客さまにより心地よく投資を行っていただくために、中長期型の資産運用を見据えたご提案をさせていただいております。
厳選したファンドをご提供することで、お客さまに安心感と信頼感をもっていただく、これこそオリックス銀行がもつ最大のミッションだと考えています。

ナレーター

お客さまにとって、価値のある投資信託のカタチとは何か。私たちは常に考え続けています。
その中でも環境・社会・ガバナンスの、この3つの要素に注目した「ESG投資」は優れた投資手法として注目を集めています。

当社が中長期投資に適したファンドを厳選する過程で、重視しているのが、ESGが、企業への投資プロセスにどう考慮されているかです。
一般的なファンドでは企業を評価する際に、主として財務指標に注目します。しかし、中長期投資の場合は短期的な業績動向だけでは十分とはいえません。
環境への配慮や社会性、ガバナンスといったESGへの対応が企業の持続的成長につながります。企業を評価する際にこうしたESGの要素を投資プロセスに組み込み3年、5年といった期間で運用実績を上げていること、これが当社の中長期投資に適したファンドをお客さまに提供する上で重要な要素であると考えています。
私は、2013年から2年間、ESGのグロバールリーダーであるオランダの運用会社Robeco N.V.の投資部門に赴任していました。欧米ではすでに多くの投資家がESG投資を行っており投資の主流となっています。
日本での全投資額におけるESG投資の割合は2016年は3.4%でしたが2018年には公的年金の投資を中心に18.3%と飛躍的にのびてきています。
当社は日本の個人のお客さまの中長期投資の資産形成に不可欠なESG投資の機会を当社にて厳選した投資信託を通じて提供してまいります。

ナレーター

好況や不況、あるいはリーマンショックのような危機など、経済環境は常に変化していきます。オリックス銀行もそんな社会の変化に適応し、お客さまの人生を資産形成からサポートしていきます。

田中

真剣にお客さまのことを考えているからこそ、時間をかけてパフォーマンスの優れた商品をご提供する。

むだなくシンプルで、それでいて心地よい投資サポートを。それが「ORIX Bank Selection」。オリックス銀行の強い思いです。

ナレーター

なによりお客さまにとって実りある資産形成を。わたしたちはこれからも、ほかにはないアンサーを生み出し続けます。

eダイレクト預金口座をお持ちでない方

eダイレクト預金口座開設

投資信託のお申し込みには、eダイレクト預金口座が必要です。

eダイレクト預金口座をお持ちの方

投資信託口座開設および
ご利用開始までのお手続き

投資信託のご注意事項

投資信託は、投資元本および利回りの保証された商品ではありません。また、元本割れが生じるリスクがあります。ご購入の際には、以下の内容および各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面・重要事項」をご確認のうえ、ご自身で投資判断を行っていただきますようお願いいたします。

  1. 投資リスク
    投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標に係る変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。これらによる損失は、お客さまご自身にご負担いただきます。
    また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
  2. 預金保険
    投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  3. 投資者保護基金
    銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。当社でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  4. 費用
    投資信託のご購入時から解約・償還までの間に、直接または間接にご負担いただく費用は以下のとおりです。なお、ファンドごとに費用の料率が異なりますので、詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。

    投資信託の費用

  5. お取り引きにかかる制限
    • 投資信託には元本割れなどのリスクがあるため、お客さまの投資目的や運用資金の性格などに照らして、適さない場合にはお取り引きを制限させていただきます。また、お客さまの投資割合が一定の割合以上になる場合にも、お取り引きを制限させていただくことがあります。
    • 海外市場の休業等の影響により、ご購入や換金のお申し込みができないことがあります。
  6. その他注意事項
    • 日本にお住まいで、税務上の居住地国が日本のみである個人のお客さまがお申し込みいただけます。
    • 満20歳未満のお客さまにはご利用いただけません。
    • eダイレクト預金口座をお持ちでない場合は、まず口座を開設していただく必要があります。eダイレクト預金口座開設のお申し込みから完了までには10日程度かかります。
    • オリックス銀行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
    • オリックス銀行の投資信託は買取請求に対応していません。すべて、解約請求での換金となります。なお、どちらの請求でも受取金額の税制上の違いはありません。
    • オリックス銀行では、NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISAは現在取り扱いしておりません。
    • オリックス銀行では、投資信託のつみたては現在取り扱いしていません。一括購入のみの取り扱いです。
    • オリックス銀行の投資信託の最低購入金額は、ファンドによって異なります。
    • オリックス銀行では、保有ファンドのコース変更(収益分配金の受取/再投資)はできません。
    • オリックス銀行での投資信託の取り引きは、現在インターネットのみとなっています。