三井住友・配当フォーカスオープン

追加型投信/国内/株式

ORIX Bank Selection

当社が
このファンドを選定した理由
  • 参考指数であるTOPIXを中長期的に大きく上回る運用実績を有しています。
  • 投資判断にあたっては、投資先企業等のサステナビリティ(持続可能性)の重要な要素として、ESGを判断材料に加えています。

ファンドの特色

  1. 1経営者との面談による徹底したボトムアップ・アプローチ
    • 配当利回りに注目した銘柄を選択する上では、業績動向や財務状況の調査に基づく今後の配当の継続性の分析に加えて、企業の内部留保金の使途を含めた今後の経営・財務戦略を直接マネジメントと議論することが重要です。
  2. 2中小型株を含めた幅広い投資対象の中からの銘柄選択
    • 幅広い投資対象の中から銘柄選択をすることで、インカム収益を引き上げることが可能になるだけではなく、セクター分散にも効果があると考えています。

受賞歴

  • 「リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード 2020 ジャパン」株式型 日本 インカム[評価期間3年、5年]最優秀ファンド賞
  • 「モーニングスターアワード ファンド オブ ザ イヤー 2018」国内株式型 部門 優秀ファンド賞
  • 当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。

格付け情報

----年--月--日現在
時事通信社による投信スコア

    投信スコアの評価方法時事投信スコアについてを開く

    分配金

    決算日
    -
    直近分配金(税引き前)----年--月--日
    ----
    年間分配金累計(税引き前)
    ----

    パフォーマンス

    ----年--月--日現在
      トータル
    リターン
    標準偏差 シャープレシオ
    1年
    (年率)
    --- --- ---
    2年
    (年率)
    --- --- ---
    3年
    (年率)
    --- --- ---
    5年
    (年率)
    --- --- ---
    10年
    (年率)
    --- --- ---

    国・地域別配分比率ランキング

    ----年--月--日現在
      国・地域名 比率

    通貨別配分比率ランキング

    ----年--月--日現在
      通貨名 比率

    組入上位銘柄ランキング

    ----年--月--日現在
      銘柄名(証券コード) 比率

    動画で学ぶ

    手数料等

    購入時手数料
    ありません
    解約時手数料
    ありません
    運用管理費用(信託報酬)
    信託財産留保額
    その他の費用・手数料
    購入単位
    1万円以上1円単位
    換金単位
    1口以上1口単位
    設定日
    信託期間
    投信協会コード
    運用委託会社

    注意事項

    • 基準価額は、1万口当たりで表示しています。
    • 基準価額は、月曜日~金曜日(祝日、12/31~1/3を除く)の22時頃に更新します。
    • 分配金再投資基準価額は、税引き前分配金を再投資したものと仮定した理論上の値です。
    • 分配金は、直近の決算時の1万口当たりの分配金額(税引前)を表示しています。
    • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
    • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
    • 分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
    • 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払い戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
    • 消費税率の改定が行われた場合、改定後の税率により計算します。
    • 掲載しているデータはあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果・分配等を保証するものではありません。
    • 投資信託には元本割れのリスクや手数料などのコスト等、商品性にかかわる注意点があります。くわしくは投資信託の注意事項をご覧ください。

    情報提供:時事通信社

    • 基準価額、運用実績、チャートデータ、およびパフォーマンスは、時事通信社が情報提供しています。本画面および本画面に掲載している情報(本情報)の知的財産権その他一切の権利は、時事通信社またはその情報提供者に帰属しています。無断で使用(複製、転載等)することはできません。
    • 本情報は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘や推奨を目的としたものではありません。また、信頼できる情報源に基づき万全を期して作成されていますが、時事通信社がその内容の正確性や完全性などを保証するものではなく、将来予告なく変更される場合があります。
    • 時事通信社およびその情報提供者は、本情報などに基づいて被ったとされるいかなる損失、損害についても一切の責任を負いません。

    eダイレクト預金口座をお持ちでない方

    eダイレクト預金口座開設

    投資信託のお申し込みには、eダイレクト預金口座が必要です。

    eダイレクト預金口座をお持ちの方

    投資信託口座開設および
    ご利用開始までのお手続き

    投資信託の注意事項

    投資信託は、投資元本および利回りが保証された商品ではありません。また、元本割れが生じるリスクがあります。購入の際には、以下の内容および各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面・重要事項」を確認のうえ、お客さま自身で投資判断を行ってください。

    1. 投資リスク
      投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。
      また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
    2. 預金保険
      投資信託は、預金保険の対象ではありません。
    3. 投資者保護基金
      銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
    4. 費用
      投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。

      投資信託の費用

      なお、ファンドごとに費用の料率が異なりますので、詳細は投資信託ラインアップより各ファンドの目論見書をご確認ください。
    5. 取引にかかる制限
      • 投資信託には元本割れなどのリスクがあるため、お客さまの投資目的や運用資金の性格などに照らして、適さない場合には取引を制限します。また、お客さまの投資割合が一定の割合以上になる場合にも、取引を制限することがあります。
      • 海外市場の休業等の影響により、購入や換金の申し込みができないことがあります。
    6. その他注意事項
      • 日本にお住まいで、税務上の居住地国が日本のみである個人のお客さまが申し込みいただけます。
      • 満20歳未満のお客さまには利用いただけません。
      • eダイレクト預金口座をお持ちでない場合は、まず口座を開設する必要があります。eダイレクト預金口座開設の申し込みから完了までには10営業日程度かかります。
      • 当社は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
      • 当社が取り扱う投資信託は買取請求に対応していません。すべて、解約請求での換金となります。なお、どちらの請求でも受取金額の税制上の違いはありません。
      • 当社では、NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISAは現在取り扱いしていません。
      • 当社では、投資信託の積み立ては現在取り扱いしていません。一括購入のみの取り扱いです。
      • 当社で取り扱う投資信託の最低購入金額は、ファンドによって異なります。
      • 当社では、保有ファンドのコース変更(収益分配金の受取/再投資)はできません。
      • 当社での投資信託の取引は、現在インターネットのみとなっています。