カードローン - お役立ち情報

【教育ローン】子どもの教育費 私立小学校から大学までどのくらいかかる?

大切な子どもの将来のためには、たとえ教育費が多額になっても夢をかなえてあげたいと思うのが親心ではないでしょうか。しかし、実際にいつ、いくらのお金が必要なのか、把握しなければ家計のやりくりもできません。まずは、小学校から大学卒業までどのぐらい学費がかかるのか、調べることから始めましょう。

学費は公立・私立、文系・理系と進路によっても大きく変わります。想定される進路をいくつかのパターンに分け、それぞれでかかる費用を見積もっておきましょう。そうすることで、「いつまでに、どれだけ貯めればいいのか」「もしも資金が足りない場合はどうすればいいのか」などの対策も検討することができるでしょう。

目次

1. 小学校の学費はどのぐらい?私立は公立の約5倍

大学受験までの道のりを考えると、小学校のうちから私立に通わせたいと思う親御さんも多いでしょう。教育カリキュラムが充実していることに加え、教育熱心な保護者が多いため、自然と向上心の高い子どもたちが集まる傾向にあり、同級生たちと切磋琢磨しながら勉強に打ち込む姿がイメージできそうですね。また、中学・高校への内部進学する可能性が高いので、落ち着いて勉強に取り組んだり、部活動に励むことができるのは大きなメリットです。

しかし、私立小学校の学費は公立と比べものになりません。文部科学省の統計によると、公立小学校の学費は年間約6万円ですが、私立は約87万円で、その差は約14.5倍です。学習塾や他の習い事など学校外活動費も、私立は公立よりも年間40万円近く上回り約61万円かかります。

トータルすると、給食費も合わせた小学校の1年間の学習費は私立が公立の約5倍の約153万円です。6年間で公立なら約190万円のところ、私立では約920万円もかかっています。

私立小学校と公立小学校の学費の違い
費用内訳 公立小学校 私立小学校
学校教育費/年 60,043円 870,408円
学校給食費/年 44,441円 44,807円
学校外活動費/年 217,826円 613,022円
1年間の学習費 322,310円 1,528,237円
6年間の学習費 1,933,860円 9,169,422円

参照:「文部科学省」 2016年(平成28年)度子供の学習費調査の結果について

まだその先の進学もあるため、小学校から私立へ行くのは経済的に余裕がある家庭でなければならないというイメージがあるかもしれません。しかし、世帯所得の条件はありますが、文部科学省は2021年度まで私立小学校に通う児童生徒に対する経済的支援制度を実施しています。年収400万円未満の世帯を対象に、最大で年額10万円まで学費の補助があるので、家計の負担は少し軽減されるでしょう。経済的支援制度の詳細については、各都道府県の担当部局や通っている私立小学校に問い合わせてみましょう。

2. 中学校の学費はどのぐらい?私立は公立の約3倍

中学校から私立を受験するというお子さんも多いですね。中高一貫校の場合は系列の高校へ内部進学することが可能なので、高校受験がないぶん大学受験の勉強に専念できる安心感があります。

しかし、中学校も私立は公立に比べて学費が高くかかります。授業料もさることながら、入学金などを含めた学校納付金が年間約26万円で、1年間の学費は約100万円。公立の学費が年間約13万円ですから、約8倍も多く払わなければなりません。

塾代などを合わせたトータル費用で比べると、3年間で公立が約144万円、私立は約398万円と約3倍の差が出ます。費用には差がありますが、私立中学の場合、授業のカリキュラムや整備された施設環境が整っており、質の高い授業を受けることができるという考え方もあるでしょう。

私立中学校の場合でも、私立小学校と同様に条件が合えば文部科学省による経済的支援制度(学費の補助)があります。各都道府県の担当部局や通っている私立中学校に確認してみましょう。

私立中学校と公立中学校の学費の違い
費用内訳 公立中学校 私立中学校
学校教育費/年 133,640円 997,435円
学校給食費/年 43,730円 8,566円
学校外活動費/年 301,184円 320,932円
1年間の学習費 478,554円 1,326,933円
3年間の学習費 1,435,662円 3,980,799円

参照:「文部科学省」 2016年(平成28年)度子供の学習費調査の結果について

3. 高校の学費は進学先により大きく異なる

高校の場合も、私立は公立に比べて学費が高くかかります。私立高校の場合、本人が進学したい大学を見据えて、質の高い授業を受けることができます。大学附属の学校も多く、一定の条件を満たせば大学へ内部進学できることは、大きなメリットです。進学先によって授業内容や学費が異なりますが、文部科学省の統計によると、1年間でかかる学習費は公立の場合が約45万円に比べて私立は2倍強、約104万円となっています。3年間では公立で約135万円、私立では約312万円かかる計算です。

私立高校と公立高校の学費の違い
費用内訳 公立高校 私立高校
学校教育費/年 275,991円 755,101円
学校外活動費/年 174,871円 285,067円
1年間の学習費 450,862円 1,040,168円
3年間の学習費 1,352,586円 3,120,504円

参照:「文部科学省」 2016年(平成28年)度子供の学習費調査の結果について

しかし、文部科学省による「高等学校等就学支援金制度」という国による授業料支援があります。世帯所得の基準を満たすことが必要ですが、私立に通う生徒も対象で、適用されれば、年間最大11.88~29.7万円の就学支援金の支給が受けられます。(2018年12月現在)

また、これとは別に、都道府県などによる私立高校への入学金や授業料の減免制度もあります。各都道府県の担当部局や通っている私立高校に確認してみましょう。

こちらも世帯所得に対する基準はありますが、私立進学の可能性があるなら知っておきましょう。

さらに、高校からは受験費用や入学金のことも教育資金の計算にしっかり入れておきたいものです。仮に第一志望が公立高校でも、併願として複数の私立校を受験することが多くなります。私立高校は合格後2~3日の間に入学手続金を納付するのが一般的なので、入学するかどうかは未定ながら、とりあえず入学金を払うという人も多いのではないでしょうか。

私立高校と公立高校の受験費用と入学金の平均
費用内訳 公立高校(※1) 私立高校(平均)(※2)
受験費用 2,200円 16,007円
入学手続金(施設設備費など含む) 5,650円 331,967円

※1 :受験費用は全日制課程2018年(平成30年)のデータ、入学手続金は2014年(平成26年)度のデータ

※2 :文部科学省「2017年(平成29年)度私立高等学校等授業料等の調査結果について」

※2 :私立高校は学校により費用に幅があります。

さらに、教科書や制服など、短期間にかなりの出費があります。学校によっては特待生で入学することで、入学金免除や学費免除を受けられる場合もありますので、志望校を選ぶ際にチェックしておくといいでしょう。

また、学費以外の教育費負担軽減を目的とした「高校生等奨学給付金」や、家計の急変や生活保護による経済的理由から授業料の納付が困難となった子どもに対する授業料軽減措置などの制度もありますので、各都道府県の担当窓口に問い合わせてみるとよいでしょう。

奨学金には無償のものもありますが、基本的に返還が必要です。しかし、このような場合の助けになることも間違いありません。詳細は在籍する高校や都道府県に確認してください。

4. 大学の学費はどのぐらい?文系・理系で学費が大きく異なる

高校までは公立に進むとしても、「大学進学では本人が希望する大学・学部を選ばせてあげたい」と思うのが親心でしょう。しかし、実際に大学進学となる際には、お金の問題は避けて通れません。学費だけ見ても国立・公立・私立の違いや文系・理系によってかなりの差が出ます。

希望の大学に受かったけれど、「こんなに費用がかかるの!?」と焦らないためにも、必要な学費の目安を知っておきましょう。シビアな言い方に感じる方もいるかもしれませんが、これも大学の選択肢の一つになり得ます。

4.1 大学の学費がどのくらいかかるか調べてみよう

国立大学では、国が定める金額を標準(標準額)として、各国立大学がそれぞれに金額を設定しています。文部科学省における国立大学の標準額は、授業料が53.58万円、入学金が28.2万円です(2017年度)。地方自治体が運営している公立大学も、基本的には国立大学の授業料に準拠しつつ、地域内外で金額に差が設けられているのです。私立大学は、教育の充実や施設設備も整備されているため学費が高くなるのは簡単に想像できるでしょう。下記は、某進学情報誌のデータを参考に、私立・公立大学の学費の違いを表にしたものです。参考にしてください。

公立大学、私立大学の学費の違い(平均値)
費用内訳 公立大学(地域内) 公立大学(地域外) 私立大学
入学料平均値 226,373円 390,436円 325,260円
授業料平均値/年 535,784円 535,713円 1,106,629円
4年授業料平均値 2,143,136円 2,142,852円 4,426,516円

なお、大学にかかる費用は公立・私立の別だけではなく、「文系に進むか」「理系に進むか」「学部の系統別」などでも異なります。先の参考データから代表的な学部をピックアップしたものが下の表です。

公立大学・私立大学の学部による違い(平均値)
学部 公立大学(地域内) 公立大学(地域外) 私立大学
入学金 授業料/年 初年度納入金 入学金 授業料/年 初年度納入金 入学金 授業料/年 初年度納入金
文学部 219,694円 535,753円 791,185円 355,293円 535,747円 930,922円 235,287円 771,020円 1,292,249円
理学部 228,855円 535,418円 805,844円 371,467円 535,400円 951,386円 239,539円 984,341円 1,564,171円
医学部 250,625円 540,450円 928,473円 555,571円 541,114円 1,232,284円 1,312,903円 2,690,806円 7,291,810円

入学金と授業料は内訳として表示。そのほか実習費等を合計したものが初年度納入金。

国公立へ進学する場合でも、入学金・授業料など初年度にまとまった学費の納入が必要なのが、大学の特徴です。国立大学で標準額の場合でも初年度には約82万円、私立医学部なら約729万円を支払わなければなりません。国公立大学と私立大学では、学部によって納入金が大きく変わります。かなりまとまった金額なので、入学金と授業料で分け、入学金は教育(学資)ローンで、授業料は奨学金を充てて対応する家庭も多いようです。

4.2 大学新生活にかかる費用も考えよう

自宅から通える場合はまだいいのですが、親元を離れて一人暮らしとなると、生活にかかる費用も大きくなります。自宅から通う場合にしても大学までの交通費が膨らんだり、旅行やサークル活動などの大学生活を通した費用も考えたりしなくてはなりません。アルバイトで収入を得る学生も多いのは確かですが、それにより学業がおろそかになってしまっては進学する意味も薄れてしまいますので、注意が必要です。

5. 学費だけじゃない?受験に必要な塾費用について

子どもの受験のために、塾を検討される家庭も多いかもしれません。教育資金の計画では、志望校の学費ばかりを気にしがちですが、行きたい学校に合格するための塾代も頭に入れておかなければなりません。以下の補助学習費(家庭内学習費や学習塾、家庭教師などの費用)を参考にし、計画を立てていきましょう。

公立・私立における補助学習費について(年間)
補助学習費 公立 私立
小学校 83,013円 304,859円
中学校 239,564円 204,112円
高校 142,702円 230,103円

参照:「文部科学省」 2016年(平成28年)度子供の学習費調査の結果について

6. 効率的に学費を調達する手段とは?

進学のどの過程でも、私立に通うには大きな費用が必要になることがご理解いただけたのではないでしょうか。進学の希望はあってもお金の問題であきらめたり、進学先を限定されてしまったりする悩みを抱える人も少なくありません。

教育費は必要な時期があらかじめわかっているお金ですから、子どもがまだ小さいうちから準備を開始しておくことが理想的です。それでも、家計の状況によっては教育資金の準備が思うようにできないこともあります。このようなケースの解決策として、奨学金やローンを活用することも方法の一つです。

ローンの金利や返済計画を考えながら、まずは目的が限定された「教育(学資)ローン」を利用しつつ、足りない部分を使用用途が限定されないカードローンを利用するのもいいでしょう。カードローンは足りない学費だけでなく、大学の新生活にも必要な費用をサポートすることができますから、自宅を出て一人暮らしをするような場合にも経済的な支えになってくれるでしょう。

まとめ

私立の小学校に通う場合、学費以外の塾代・お稽古代などの費用も大きく、6年間で約920万円。私立中学校に入ると内部進学で高校受験が不要になるパターンもありますが、その分、学費が高く、3年間で約398万円。また、私立高校では、進学したいコースによって学費が異なるものの、3年間で平均約312万円。私立大学では4年間で平均約442万円です。選択する大学・学部によっては学費や生活費に大きな差がでてくることもあります。

また、入試に成功するための塾通いも必要で、学費だけではなく塾費用も含めて教育資金の計画を立てることが必要でしょう。教育費の準備には、教育ローンやカードローンを利用するのも一つの方法ではないでしょうか。

プロフィール

續 恵美子(つづき・えみこ)
ファイナンシャルプランナー(CFP®)

生命保険会社にて15年勤務した後、ファイナンシャルプランナーとしての独立を目指して退職。その後、縁があり南フランスに移住。夢と仕事とお金の良好な関係を保つことの厳しさを自ら体験。生きるうえで大切な夢とお金のことを伝えることをミッションとして、マネー記事の執筆や家計相談などで活動中。