「電子決済等代行業者との連携および協働に係る方針」の変更

お知らせ

オリックス銀行株式会社(以下「当社」といいます。)は2018年3月1日に公表した「電子決済等代行業者との連携および協働に係る方針」を、以下のとおり変更します。

  1. 当社は、オープン・イノベーション(銀行と電子決済等代行業者との連携・協働による革新)の重要性に配慮しつつも、銀行業務の健全かつ適切な運営および利用者保護を確保する観点を重視しています。

    当社は、利用者保護、セキュリティ等の電子決済等代行業務における環境整備を注視しつつ、利用者ニーズを踏まえ、電子決済等代行業者との連携および協働を図ることを基本方針とします。

  2. 当社は、いわゆる更新系APIサービス(銀行法第2条第17項第1号で定めるサービスをいいます。以下同じ。)について、今後広くオープンに電子決済等代行業者とのAPI連携を行うことについては、利用者にとっての最良なサービス・新しいサービス・利用者保護などの環境整備状況を踏まえながら、引き続き検討していきます。

    なお、今後広くオープンに電子決済等代行業者と更新系APIサービスについて連携を行う必要があると判断した場合、当社は、その旨・理由および整備完了の時期などをウェブサイトに掲載します。

  3. 当社は、いわゆる参照系APIサービス(銀行法第2条第17項第2号で定めるサービスをいいます。以下同じ。)については、個人のお客さまの口座について、2020年5月をめどに、お客さまが利用される電子決済等代行業者との間で当社がAPI連携を行えるよう、必要な体制整備を行う予定です。
  4. 個人のお客さまの口座に係るAPI連携システムの設計・運用および保守については、外部委託する予定です。

    なお、当社が提供するAPI連携システムは、「オープンAPIのあり方に関する検討会」(事務局:一般社団法人全国銀行協会)による「オープンAPIのあり方に関する検討会報告書-オープン・イノベーションの活性化に向けて-」(2017年7月13日公表)記載のAPI仕様標準・セキュリティ原則に準拠して構築していく予定です。

  5. 当社が提供するAPIサービスの具体的な仕様などについては、ウェブサイトに順次掲載していく予定です。

 
当社における電子決済等代行業者との連携並びに協働に係るお問い合わせ担当部門の名称及び連絡先は、以下のとおりです。


経営企画部(連絡先:obk_api@bank.orix.jp)

以上