コラム
掲載日
2022.5.7

米国株投資、覚えておきたい「ニュースでよく出てくる英単語」まとめ

Writer

株式会社ZUU

(画像=PIXTA)

最近では老後の資産形成に向け、米国株への投資を始める日本人も増えてきた。米国株の場合は日本語で得られる情報もあるが、英文ニュースにも目を通せるようになれば、より多くの情報を得ることができる。ここでは、株式に関する英文ニュースでよく出てくる英単語を紹介する。

英語でしか読めないニュースもある

米国株に関するニュースは、ロイター通信やブルームバーグなどから毎日多数報じられている。その一部は日本語に翻訳され、日本語ニュースとしてニュースサイトに公開されるが、日本語に翻訳されていないマーケットニュースも多数存在する。

英文に慣れている人でも、株式関連の英文ニュースはマーケット用語が多数使われていたり、独特の言い回しがあったりして、読み進めるのに苦労する場合がある。そんなとき、株式関連の英文ニュースでよく出てくるワードの意味を理解しておけば、ぐっと読解スピードが上がるだろう。

TwitterなどのSNSで情報収集をしている人にとっても、こうしたワードを理解しておくことは役に立つ。誰かがシェアした株式関連の英文ニュースのヘッドラインがタイムラインに流れてくることがあるからだ。

では早速、株式に関する英文ニュースでよく出てくる英単語を紹介していこう。

outperform/underperform

outperform(アウトパフォーム)」とは、「~よりパフォーマンスが優れている」「~をしのぐ」といった意味を持ち、「outperform the S&P 500」といった文脈で使われる。直訳すると「S&P 500よりパフォーマンスが優れている」という意味だ。

S&P 500は米国の主要な株価指数のひとつで、例えばA株の1ヵ月のパフォーマンスがプラス5%で、S&P 500のパフォーマンスがプラス2%だったとする。この場合、A株のパフォーマンスがS&P 500を超えているため、A株は「outperform the S&P 500」と言える。

一方、「underperform(アンダーパフォーム)」は「~のパフォーマンスを下回っている」「~に及ばない」といった意味だ。A株の1ヵ月のパフォーマンスがプラス1%で、S&P500がプラス2%の場合、A株は「underperform the S&P 500」ということになる。

revenue/profit

どの米国株を購入するか検討する場合、または保有している株式を継続保有するか売却するか検討する場合、その企業の決算発表の内容をチェックすることは非常に重要である。決算関連の情報を読む際によく出てくる英単語が「revenue(レベニュー)」と「profit(プロフィット)」だ。

revenueは「収益」、profitは「利益」を指す。意味が似ているように感じるが、これらは明確に異なる。収益を「売上」と言い換えると、分かりやすいだろう。revenue(売上)からexpense(費用)を差し引いて残ったものがprofit(利益)ということになる。

stock/share

stock(ストック)」と「share(シェア)」という単語は、両方とも「株式」という意味だが、使われ方が少し異なる。shareは売買単位として使われることが多く、例えば「100株」と英語で言いたい場合は「100 stocks」とは表現せず、「100 shares」と書く。

bond

株式相場の値動きを読むには、債券相場の値動きも知っておくことが重要だ。「bond(ボンド)」とは「債券」という意味で、「Treasury bonds」はTreasury(米財務省)が発行する長期国債のことを指す。

commodity

commodity(コモディティ)」を直訳すると「商品」という意味だ。投資の世界で「商品」という場合は、原油やゴールド、小麦などの投資対象のことを呼ぶ。原油の価格が上がると原油関連株が上昇しやすくなるなど関連性があるため、この単語も覚えておこう。

futures

future(フューチャー)」は「未来」という意味だが、投資の世界で「futures」という言葉が出てくると、それは「先物取引」を意味する。先物取引とは将来の売買を約束する取引で、株価指数の先物を取引するマーケットも存在している。

単位に関する英単語も覚えておこう

この他にも覚えておきたい英単語はたくさんある。

単位に関する英単語では「million(ミリオン)」は「100万」、「billion(ビリオン)」は「10億」、「trillion(トリリオン)」は「1兆」という意味だ。例えば「Tesla became a trillion-dollar company.」という英文は、「テスラは1兆ドル企業になった」と訳せる。

この記事で紹介した英単語が、英語で米国株の情報を探すときに役立てば幸いだ。

Writer

株式会社ZUU

家族や友達にシェアする

コラムの注意事項

本コラムは一般的な情報の提供を目的としており、当社にて取り扱いのない商品に関する内容も含まれています。

当社が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づきますが、その正確性や確実性を保証するものではありません。

外部有識者の方にも本コラムを執筆いただいていますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当社の見解等を示すものではありません。

本コラムの記載内容は、予告なしに変更されることがあります。

ページの先頭に戻る