コラム
掲載日
2022.5.31

オリックス銀行のeダイレクト金銭信託とは?

皆さまは、「信託」にどのようなイメージをお持ちですか?
信託には、投資信託、遺言信託、家族信託などさまざまな商品がありますが、今回は、その中から「金銭信託」について説明します。

そもそも信託とは?

「信託」とは、「自分の大切な財産を、信頼できる人に託し、自分が決めた目的に沿って大切な人や自分のために運用・管理してもらう」制度です。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、オリックス銀行は信託銀行です。信託業務を行う認可を受け、法律による厳しい義務も課せられている当社が大切な財産もしっかり管理しています。

オリックス銀行の「eダイレクト金銭信託」とは?

当社の「eダイレクト金銭信託」は2013年の取り扱い開始から今日(2022年4月22日現在)まで、8年間で64回販売し、すべて予定配当率で償還しています。
募集期間の終了を待たずに、募集総額に達して完売した商品もあります。

次に、「eダイレクト金銭信託」とその仕組みを説明します。

「eダイレクト金銭信託」の仕組み

正式名称は「合同運用指定金銭信託」で、複数の人から信託された「金銭」を「合同」して、大まかに「指定」された方法で「運用」する信託のことを指します。
「eダイレクト金銭信託」の仕組みを図にすると以下のとおりです。

オリックス銀行のeダイレクト金銭信託の仕組みを説明した図 皆さまに信託いただいたお金を当社がまとめて企業に貸付け、貸付先企業は返済日時に当社に元本と利息を返済、当社から皆さまに投資元本と予定していた収益金をお渡しします
  1. 皆さまに投資(信託)いただいたお金を当社がまとめて、企業1社に貸し付けます。
  2. 貸付先企業は、返済期日に当社に対して元本を返済し利息を支払います。
  3. 信託終了後、当社から皆さまに投資元本と予定していた収益金をお渡しします。

動画でeダイレクト金銭信託を説明します!

以上ご説明したeダイレクト金銭信託が3分でわかる動画です。
「あと一歩が踏み出せない」「どんな人が購入しているの?」
「実際の評判はどうなの?」などのお悩み、疑問にお答えします。
キャンペーンの情報もご案内しますので、必見です。

\ぜひ、ご覧ください!/

eダイレクト金銭信託の注意事項

・本商品は預金と異なり元本および利益の保証はありません。

・貸付先(運用先)に債務不履行が生じた場合、元本損失の可能性があります。

・これまでの償還実績は、本商品や将来の商品の運用成果を保証するものではありません。

・その他、この商品の主なリスク、手数料などの費用等および商品性にかかわるご注意点があります。必ず「eダイレクト金銭信託の注意事項」をあわせてお読みください。

家族や友達にシェアする

コラムの注意事項

コラムは一般的な情報の提供を目的としており、当社で取り扱いのない商品に関する内容も含みます。また、内容は掲載日当時のものであり、現状とは異なる場合があります。

情報は当社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その正確性や確実性を保証するものではありません。

なお、コラムの内容は、予告なしに変更することがあります。

ページの先頭に戻る