コラム

投資信託にはご注意いただきたい事項があります。くわしくは「投資信託の注意事項」をご覧ください。

掲載日
2021.2.13

お金が増えない人の特徴とは?
共通する行動パターンとマインド

Writer

株式会社ZUU

(画像=PIXTA)

生活費や税金、老後資金など何かとお金が入り用な今の時代、「お金がなかなか増えない」と悩む機会も多いだろう。お金が増えない原因は、年収や支出だけでなく、自身の行動パターンやマインドにひそんでいるケースがある。

今回は、お金が増えない人に共通する行動パターンやマインドを紹介しよう。

お金が増えない人の考え方とは

なかなかお金が増えないという人は、お金儲けに対して「卑しい」「後ろめたい」という意識を持っていることがある。お金儲けに対して、「欲深い」「自己の利益ばかりを追求している」といった悪いイメージを抱いていると、自分がお金儲けをしようとすることに対して、過度に厳しくなってしまうのだ。

しかし、現代の日本社会では、生活費や税金など生きているだけで負担しなければならない支出がたくさんある。そんな状況下で、ある程度の収入なしに幸福な人生を送ることは難しい。また、後から紹介する松下幸之助をはじめとして、人格者として名を成すと同時に富を築いた人も実際には多くいる。

お金がなかなか増えないと感じる人は、まずはお金儲けが卑しい、意地汚いといった考え方をしていないか、振り返ってみるといいだろう。

お金に苦労する人の特徴

つづいて、お金に苦労しやすい人の特徴を3つ紹介する。

マイナス思考

お金が貯まらない人は、マイナス思考が習慣になっている可能性がある。マイナス思考が癖になると、お金を稼ぐチャンスがあったとしても「どうせ上手くいくわけがない」と新しいことにチャレンジする機会を逃してしまう。

また「子どもがいるから」「給料が上がらないから」と、お金が貯まらない責任を常に他人に求め、自分は行動を起こさないこともマイナス思考の人の特徴だ。

お金を増やしたいと考えるなら、できるだけポジティブ思考を心がけ、「自分の力で状況を打開する」という強い意志を持つことから始めたい。

片付けが苦手

お金で苦労する人は、片付けが苦手で、家の中も雑然としていることが多い。

部屋が散らかっていると、どこに何があるのかを把握しにくくなり、無駄な支出につながる。たとえば、失くしたものをその都度買い直すという行動を繰り返した結果、部屋に同じ商品が複数あるという経験をしたことはないだろうか。

また、部屋が散らかっているために頻繁に探しものをしたり、物の出し入れに時間がかかったりすると、貴重な時間をどんどん浪費してしまう。

片付けが苦手だとしても、できることから 手をつけて少しずつ部屋を整頓すれば、何が必要で何が不要かがわかってくる。結果的に、お金と時間の無駄遣いをなくしていくことができるだろう。

忍耐力がない

忍耐力がないのも、お金が貯まらない人の特徴の1つだ。

働いて一定の収入を得ているのに貯金ができないという人は、計画性のない衝動買いや、自分の収入に見合わない金額の買い物をしている可能性がある。

また、お金を貯める時だけでなく、投資などでお金を増やす時にも忍耐力は重要だ。投資は常に儲けられるものではなく、暴落したり思うように利益が出なかったりすることも少なくない。そんな時、忍耐力がなければあわてて投資をやめ、損失を確定させてしまうことになる。

忍耐力を鍛えることは、無駄遣いを控え、じっくりとお金を増やすための近道になるはずだ。

お金持ちのマインドを見習おう!

「経営の神様」として知られる松下幸之助は、現在のパナソニック株式会社にあたる大企業を一代で築いた。死亡時の遺産総額は約2,500億円にのぼり、日本の遺産総額歴代第1位となった人物でもある。

しかし、お金に愛された松下幸之助は、もともと恵まれた環境で育ったわけではなかった。松下幸之助の実家は貧しく、最終学歴は小学校中退である。そんな松下幸之助の成功の裏には、お金を自然に引き寄せる独自のマインドがあった。

松下幸之助は、自分を「運の強い人間」と捉えていた。身の周りで起こる不幸な出来事もすべて肯定的に捉えることで、自分で自分を運の強い人間に仕立て上げていったのだ。

また「事業は必ず成功するものと考える」「成功するまで続ける」といった言葉も残している。松下幸之助の人生は順風満帆なばかりではなく、成功の裏で失敗を経験することも多かった。しかし彼は失敗を成功の糧と捉え、失敗しても辛抱強く続けることが成功につながると考えていた。

このように、お金に愛され、歴史に名を残す経営者は、圧倒的にポジティブなマインドで成功をつかみ取ってきたといえるだろう。

お金が貯まりやすいマインドを身につけるために

お金に対するネガティブな考え方はそのまま行動パターンに表れ、お金を遠ざけてしまうことにつながる。

考え方を変えればすぐに大金が手に入るということはないが、意識してポジティブな思考を心がけることで、お金が貯まりやすいマインドを身につけることは可能だ。

お金が貯まりやすいマインドを身につけるなら、今回挙げた松下幸之助の例のように、過去の成功者の言葉やエピソードから多くを学ぶことができるだろう。

Writer

株式会社ZUU

家族や友達にシェアする

コラムの注意事項

本コラムは一般的な情報の提供を目的としており、当社にて取り扱いのない商品に関する内容も含まれています。

当社が信頼できると判断した情報源から入手した情報に基づきますが、その正確性や確実性を保証するものではありません。

外部有識者の方にも本コラムを執筆いただいていますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当社の見解等を示すものではありません。

本コラムの記載内容は、予告なしに変更されることがあります。

ページの先頭に戻る