sustainability 社長メッセージ 新しい価値の創造により
持続可能な社会に貢献していきます

代表取締役社長
錦織 雄一

オリックス銀行は、たえずお客さま・市場の要請に応え社会に貢献していくことを基本姿勢としており、お客さまや市場のニーズに応えるよう、金融商品やサービスを充実させてきました。

近年、環境やエネルギー、貧困などの社会課題は国際的な目標であるSDGsとともに強く認識されております。これらの社会課題の解決へ事業を通じて取り組むことが、持続可能な社会の形成に貢献するとともに、会社の事業基盤を強固にすると考えています。

当社の取り組みはすべてこうした「サステナビリティ」の視点を基軸としています。持続可能な社会の基盤となる産業にファイナンスを提供し、お客さまと社会の課題解決に資する商品やサービスを提供したいと考えています。そして、働き方改革やデジタライゼーションの推進などオリックス銀行自身もサステナブルな企業となり、さらなる成長を目指します。

2021年6月には当社自身もサステナビリティ方針を制定し、事業を通じて社会課題の解決に取り組んでいく意思を明確にするとともに、サステナビリティ上の重要課題(マテリアリティ)を特定しました。重要課題は当社が特に強みを発揮できる経済・環境・社会にかかる課題に加え、活動を支える人や組織づくりの観点で構成しています。すべての重要課題は企業活動に紐付けを行い、全社一丸で取り組んでいきます。

また、これらの企業活動をより社会に意義あるものとするために、オリックスグループの総合力の活用や、ともに成長できるパートナー企業との協業を進めていきます。

今後もさまざまなステークホルダーの皆さまとともに、新しい価値の創造により持続可能な社会の形成へ貢献していきます。