各種方針

サステナビリティ方針

オリックス銀行は、事業を通じて社会課題の解決を図り、持続可能な社会の実現に貢献することで、新たな価値を創出する企業として持続的な成長を目指します。本方針はオリックス銀行の事業活動にサステナビリティを結び付けていくための原則を定めます。

基本的な考え方

オリックス銀行は持続可能な社会に貢献していくために、多様なステークホルダー(お客さま、ビジネスパートナー、従業員、株主、社会、行政など)との対話を通じて社会からの要請を的確に把握し、事業を通じて社会課題に取り組んでいきます。
持続可能な社会の基盤となる産業にファイナンスを提供し、お客さまと社会の課題解決に資する商品やサービスを提供していきます。働き方改革やデジタライゼーションの推進などオリックス銀行もサステナブルな企業となり、更なる成長を目指します。
オリックス銀行は事業運営の意思決定にサステナビリティを最大限重視していきます。

オリックス銀行の重要課題(マテリアリティ)

地球資源の枯渇や気候変動、格差や社会不安など、環境・社会問題は多岐にわたります。そのため効果的に社会への貢献を行っていくためには、社会へより大きなインパクトを与える事業領域に焦点をあてていく必要があります。
当社は様々な社会課題のリスクと機会を検討し、オリックス銀行が貢献すべき重要課題を下記のとおり特定しました。社会課題の分析は継続して行い、重要課題は重要性を再評価して見直しを行います。また、これらの重要課題に取り組むことによって、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献していきます。

  1. I.
    持続的な経済・社会の創造
    • 高齢化社会対策
    • 地域活性化
    • スマートでレジリエントな社会の実現
  2. II.
    安心・安全な住まいと暮らし
    • 住み続けられるまちづくり
    • 都市問題の解消
  3. III.
    自然共生社会の実現
    • 気候変動対策
    • 循環型社会の形成
  4. IV.
    誰もがのびのびと働ける職場づくり
    • ダイバーシティとインクルージョン
    • 人材育成と自己実現

以上