社長メッセージ

オリックス銀行は設立25周年を迎えました。
~これからの25年も、お客さまと共に~

オリックス銀行はおかげさまで、2018年8月23日に設立25周年を迎えました。

これまで支えてくださいましたすべての皆さまに、心より感謝申し上げます。

当社は、1998年にオリックスグループ入りして以来、無店舗型の銀行として事業を展開してまいりました。預金や信託、カードローンではインターネットを活用した「非対面取引」を行うとともに、住宅ローンや法人向け融資などではお客さまに直接お会いする「対面取引」を行う、ネットとリアルが融合するユニークな銀行として、得意分野に特化した金融商品やサービスをご提供しています。

また、25周年を機にさまざまな取り組みに挑戦しています。2018年4月に初の有人型コンサルティング店舗である「ORIX BANK GINZA PLAZA」をGINZA SIXに開設いたしました。対面での各種商品のご説明やご案内に加え、当社の強みや特徴を生かした各種セミナーを開催しています。お客さまのお役に立てる情報の発信を行い、更なるサービスのご提供に努めてまいります。

2018年5月には投資信託事業に再参入し、個人向け「投資信託」の販売を開始いたしました。欧州の機関投資家から高い評価を受けている大手資産運用会社「ロベコ」の運用戦略を取り入れ、購入時手数料の無料化を実現しました。少子高齢化や人生100年時代と謳われ、長期に渡る資産形成の必要性が問われる中、お客さまの資産運用の新しい選択肢として、当社ならではの商品をお役立ていただければ幸いです。
今後とも、当社の新たな取り組みにご期待ください。

おかげさまで、当社は、9期連続で増益を達成、5期連続で最高益を更新しており、安定的な運営と共に、順調に事業を拡大しております。これもひとえにお客さまお一人おひとりのご愛顧の賜物と、心より御礼申し上げます。

これからも、当社はオリックスグループの銀行として、魅力的な金融商品やサービスの提供に努め、お客さまの人生のさまざまな場面で「私には、オリックス銀行がある。」そう思っていただける銀行を目指してまいります。

2018年8月


オリックス銀行株式会社 代表取締役社長 浦田 晴之