社長メッセージ

いつもオリックス銀行をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

当社は、1998年にオリックスグループ入りして以来、既存の銀行のあり方にとらわれずに事業を展開してまいりました。
預金業務ではインターネットや電話などを通じた取り引きを中心とすることで、運営費を抑え、お客さまに高水準の預金金利をご提供しています。また、特定分野に強みを発揮する銀行として、投資用不動産ローンやカードローン、信託商品や投資信託など、人生における「ためる」「ふやす」「そなえる」「かりる」それぞれのシーンで、ご利用いただける商品やサービスをご提供しています。

事業環境が変わり続ける中、さらなるお客さまのニーズにお応えするため、25周年を迎えた2018年にさまざまな取り組みに挑戦しました。
4月には、お客さまとの関係性をさらに深めるために、当社初の有人型コンサルティング店舗である「ORIX BANK GINZA PLAZA」をオープンし、対面での各種商品のご相談やご提案に加え、セミナーの実施による情報発信を行っています。5月には、中長期の資産形成にお役立ていただける購入時手数料無料の投資信託の販売を開始しました。9月には、業界初のAIを活用した投資用不動産の将来キャッシュフローを試算できる「キャッシュフローシミュレーター」や、資産承継や財産管理をサポートする「家族信託サポートサービス」の取り扱いを開始するなど、時代の流れとともに変化するお客さまのニーズにお応えできる商品やサービスを充実させました。

引き続き、魅力的な金融商品やサービスのご提供に努めてまいりますので、どうぞご期待ください。
これからも、私たちオリックス銀行は、お客さまの人生のさまざまな場面で「私には、オリックス銀行がある。」そう思っていただける銀行を目指してまいります。

2018年12月


オリックス銀行株式会社 代表取締役社長 浦田 晴之