マイクロソフト社による「Windows XP」および「Internet Explorer 6」のサポート終了について

2014年4月10日

マイクロソフト社は、2014年4月9日(水)(日本時間)をもって「Windows XP」(OS)および「Internet Explorer 6」(ブラウザ)に関するサポートを終了いたしました。
サポート終了後は、セキュリティに新たな脆弱性が発見された場合であっても、セキュリティ更新プログラムなどの提供がなされないため、お客さまに安心してご利用いただける環境ではなくなる可能性があります。サポートが終了したOS・ブラウザをご使用になりますと、コンピューターウィルスの感染などをきっかけに情報漏洩などの被害に遭う可能性が高くなります。

お客さまにおかれましては、最新のOSに移行するなどセキュリティ対策を十分に行ったうえで当社サービスをご利用くださいますようお願いいたします。