インターネットバンキングにおける不正送金にご注意ください

2011年10月20日

一部報道機関より、「金融機関のインターネットバンキングにおいて、不正送金による被害が急増している」との報道がされています。現在のところ、オリックス銀行ではそのような被害は発生しておりません。

報道によると、お客さまがご利用のパソコンがスパイウェアなどのウイルスに感染し、パスワードなどの情報が盗み取られることにより、被害が発生しております。お客さまにおかれましては、今後も安全にお取り引きいただくために、以下の点にご注意くださいますようお願い申し上げます。

1.ご利用のパソコンのセキュリティ対策をご確認ください

  • お客さまがご利用のパソコンを、パスワードなどの情報を不正に取得するウイルスから守るために、ウイルス対策ソフトをご利用ください。
  • 新しい種類のウイルスに対応するために、ウイルス対策ソフトのウイルス定義パターンファイルは、常に最新にすることをお勧めします。
  • OSやブラウザのセキュリティを最新の状態にするために、OSやブラウザの提供会社が提供するセキュリティパッチは、常に最新にすることをお勧めします。

2.スパイウェアにご注意ください

  • お客さまのパソコンからパスワードなどの情報を不正に取得するスパイウェア(ウイルス)にご注意ください。
  • スパイウェアは不審なEメールや不審なフリーソフトに添付されていることが多く、ファイルを開くと自動的にインストールされる恐れがあります。不審なファイルは開かないようにしてください。

以下に、金融犯罪による被害を防ぐためのご注意事項を記載しています。ぜひご一読ください。

以上