プレスリリース2010年3月期 中間決算概況について

Press Release

2009年11月16日

各 位

オリックス信託銀行株式会社

2010年3月期 中間決算概況について

オリックス信託銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮 明夫)の2010年3月期中間(2009年4月1日~9月30日)決算の概況について、以下の通り発表いたします。

1. 損益の状況

資金運用収益は、住宅ローンや法人向け融資の推進等による運用資産の増加から120億91百万円(前年同期比21億33百万円増加)となりました。信託報酬は、国内の流動化市場の低迷等による信託財産残高の減少から5億26百万円(前年同期比98百万円減少)となり、役務取引等収益は、住宅ローン関連手数料や投資信託手数料収入の減少等から6億16百万円(前年同期比1億64百万円減少)となりました。以上により経常収益は、140億95百万円(前年同期比17億8百万円増加)となりました。

資金調達費用は、預金残高の増加等から41億80百万円(前年同期比12億14百万円増加)となりました。また、業容拡大により営業経費が43億70百万円(前年同期比6億28百万円増加)となりましたが、個別貸倒引当金の減少等により貸倒引当金繰入額が9億65百万円(前年同期比11億92百万円減少)となりました。以上により経常費用は、111億52百万円(前年同期比8億34百万円増加)となりました。

この結果、経常利益は、29億43百万円(前年同期比8億73百万円増加)、中間純利益は、17億41百万円(前年同期比5億15百万円増加)となりました。

2. 資産・負債・純資産の状況

貸出金は、住宅ローンや法人向け融資の増加等により6,582億23百万円(前期末比528億25百万円増加)となり、有価証券は、短期資金運用を目的とした短期社債等の増加により1,148億86百万円(前期末比407億46百万円増加)となりました。この結果、総資産は、9,050億35百万円(前期末比772億8百万円増加)となりました。

預金は、主に個人向けインターネット取引専用定期預金「eダイレクト定期預金」の増加により7,401億91百万円(前期末比729億54百万円増加)となり、負債の部合計は、8,119億88百万円(前期末比554億32百万円増加)となりました。

以上に加えて、経営基盤強化のため9月2日付で株主割当による200億円の増資を実施したことから純資産は、930億47百万円(前期末比217億76百万円増加)となりました。

3. 信託勘定の状況

信託財産残高につきましては、国内の流動化市場の低迷等により1兆7,206億5百万円 (前期末比1,248億35百万円減少)となりました。

4. 与信関連費用および不良債権の状況

与信関連費用は、9億65百万円(前年同期比11億92百万円減少)、貸倒引当金残高は、50億77百万円(前期末比21百万円増加)となり、リスク管理債権は、91億13百万円(前期末比5億72百万円減少)、対貸出債権比率は、1.38%(前期末比0.21%減少)となりました。

5. 自己資本比率

当社は標準的手法を採用しており、当中間期末時点での銀行法に基づく自己資本比率 (国内基準)は、12.12%、Tier I 比率は13.04%となりました。

参考計数

(金額単位:百万円)

  当期
(2009年9月期)
前期
(2008年9月期)
増減額 増減率
経常収益 14,095 12,386 1,708 13.79%
信託報酬 526 624 △98 △15.77%
業務粗利益 7,511 6,965 545 7.83%
営業経費
(業務粗利益・経費率)
4,370
58.1(%)
3,742
53.7(%)
628
4.4%
16.78%
経常利益 2,943 2,069 873 42.21%
業務純益 2,757 2,938 △181 △6.16%
当期純利益
(1株当たり当期純利益)
1,741
2,624.73(円銭)
1,226
2,043.33(円銭)
515
△581.40(円銭)
42.02%
総資産 905,035 647,330 257,705 39.81%
純資産 93,047 69,949 23,098 33.02%
信託財産 1,720,605 1,984,455 △263,850 △13.30%

詳細は、当社ウェブサイトに掲載の「決算概況」をご覧ください。

以上