預金取引規定改定のお知らせ(ダイレクト預金、eダイレクト預金、eダイレクト普通預金)

(2008.7.17)

以下のとおり、2008年8月19日より当社のダイレクト預金、eダイレクト預金、eダイレクト普通預金の取引規定を改定しますので、お知らせいたします。

主な改定内容

1. 盗難証書およびインターネットバンキングの不正利用による被害の補償について

盗難証書およびインターネットバンキングの不正利用による被害の補償開始に伴い、当該補償に関する条項などを追加しました。 なお、補償対象外となる場合や補償額が一部減額となる場合がございます。具体的な補償内容については、「盗難証書・インターネットバンキングの不正利用による被害の補償について」をご覧ください。

2. ダイレクト預金(預入期間2年)の中間払利息の取り扱いについて

これまでは、「中間利息および満期払利息を預金口座へ振り替える場合には、中間利払日および満期日に指定口座へ入金します」としておりましたが、今後は中間利息につきましては、中間利払日に中間利息定期預金を作成する取り扱いとさせていただきます。これにより、中間利息の指定口座への入金はお取り扱いいたしません。
なお、中間利息定期預金の払い戻しをご希望のお客さまは、当社所定の方法により払い戻しいたします。
本取り扱いは2008年8月19日以降の新規取り引き分(満期書き替えを含む)より適用いたします。

そのほか改定内容の詳細については、下記の新旧対照表をご覧ください。

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は以下のリンクからダウンロードしてください。