金融犯罪にご注意ください

ウイルス感染

ウイルス感染とは

ウイルスとは、お客さまの個人情報を盗んだり、ほかのパソコンを攻撃したりするため、悪意を持った第三者によって意図的に作られた不正なプログラムのことです。ウイルス感染とは、そうしたプログラムが自分のパソコンに入り込んでしまった状態を指します。

手口の解説

ウイルスに感染してしまう原因はさまざまあります。Eメールの添付ファイルを開いたり、ウイルスが仕掛けられたウェブサイトを閲覧したり…。ファイル共有ソフトをしたことで、ウイルス感染してしまう例も数多く報告されています。

ウイルスに感染したパソコンによって起こる現象の一例

  • 送信した覚えのないメールが送信されている
  • データが勝手に削除されている
  • 異常なメッセージを表示する
  • 画面表示が崩れる

事前対策・対処法

ウイルス感染の被害にあわないためには、ご利用中のパソコンのセキュリティを常に高い状態を保つことが大切です。

パソコン・スマートフォンのセキュリティ対策をご確認ください

お客さまのパソコン・スマートフォンをウイルス感染から守るには、ウイルス対策ソフトを利用する必要があります。しかも、ウイルスは日々進化を続けていますので、新しい種類のウイルスに対応するためには、ウイルス対策ソフトのメーカーが配布する「ウイルス定義パターンファイル」を、常に最新にしてください。

また、OSやブラウザの提供会社が提供するセキュリティパッチも、常に最新にすることをお勧めします。

不特定多数がアクセスするパソコンでのログインは避けてください

図書館やインターネットカフェなどのパソコンは、パスワードなどを第三者に読み取られる危険性が高いため、ログインしないようにしてください。

やむを得ず利用される場合は、速やかにパスワードを変更するなどの対応を行ってください。

オリックス銀行の取り組み

オリックス銀行では、お客さま情報への不正アクセス、盗取、破壊、改ざん、漏えいなどを防止するために、セキュリティを高めるさまざまな対策を行っています。

ファイア・ウォールを設置しています

ネットワーク上にファイア・ウォールを設置して、お客さま情報への不正アクセスを防御しています。

社内でも、厳重に情報管理を行っています

お客さまの情報は、暗号化してオリックス銀行内で厳重に管理しています。また、その取り扱いルールを厳格に定めて運用しています。

複数承認機能(法人eダイレクト預金用)を導入しています

複数承認機能とは、「定期預金作成」「定期預金中途解約」「満期時取り扱い変更」「振込」「振込取り消し」「普通預金口座解約予約」の6取引に関して、複数(2名)の口座管理者が承認することで取り引きが確定する機能となります。

さらに、申請者と承認者で異なるパソコンをご利用いただくことでウイルス感染による被害を防止し、取り引きの安全性を高めることができます。