金融犯罪にご注意ください

振り込め詐欺

振り込め詐欺(預金・現金を騙し取る詐欺)

振り込め詐欺とは、電話やはがきなどの文書などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する犯罪行為です。「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」などとも呼ばれ、「母さん助けて詐欺」という名称も使用されることになりました。

手口の解説

振り込め詐欺の手口はさまざまです。例えば、電話で家族や警察官、弁護士などを装い、身内の危機や借金返済などの架空話でお客さまを欺き、現金振込などを要求する事例があります。手口はどんどん多様化しています。

現金・預金を騙し取る詐欺事例のご紹介

オレオレ詐欺 電話で家族や警察官、弁護士などを装い、交通事故の示談金や借金返済、妊娠中絶費用などが必要であると偽って、お金を預金口座に振り込ませてお金をだましとる事件が発生しています。
架空請求詐欺 不特定多数の者に対して、架空の事実を口実とした料金を請求するハガキやEメールを送付したり、携帯電話やブラウザ上の画面に、アダルトサイト利用料金など、実際には利用していない料金についての請求画面を出したりして、お金を預金口座に振り込ませてお金をだましとる事件が発生しています。
融資保証金詐欺 融資を勧誘する旨の文書を送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金などを名目に、現金を預金口座に振り込ませてお金をだましとる事件が発生しています。
還付金詐欺 公的機関を装い、還付金の支払手続等の口実で、インターネット・バンキングを申し込ませたうえで、口座番号やパスワードを聞き出し、悪用する事件が発生しています。

事前対策・対処法

振り込め詐欺の被害にあわないためには、慌てずに冷静に対処すること、普段から準備しておくことが大切です。

普段から連絡を取り合っておいてください

普段から家族と連絡を取り合っておくことで、嘘を見抜ける可能性が高くなります。また、家族の中だけの合い言葉を決めておくと、いざというときに役に立ちます。

さまざまな質問をしてください

もし、電話で身内の危機や借金返済などあやしい話をされたときは、本人にしか分からない質問をしてください。また、嘘の質問で本人かどうか試してみることも有効です。

慌てて行動をしないでください

電話口で「時間がない」などといわれても、決して慌てて振り込まないようにしてください。また、簡単にID・パスワードや暗証番号を教えないようにしてください。

万が一、振り込め詐欺にあわれた場合