金融犯罪にご注意ください

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、本物そっくりに作られたニセのウェブサイトに誘導し、言葉巧みにお客さまのクレジットカード番号やID・パスワードを入力させ、それを不正に盗み取る犯罪のことです。

手口の解説

詐欺メールによる偽サイトへの誘導

金融機関を装ったEメールでお客さまを安心させ、ニセのウェブサイトに誘導しログインID・暗証番号などの入力を促します。 情報を入力、送信してしまうことでお客さまの個人情報が盗み取られてしまいます。

詐欺メールの事例

  • 「セキュリティ強化のためパスワードの変更をしてください。変更手続きをしていただかないとサービスの利用ができなくなります。」
  • 「カードが不正に使用されている可能性がありますので、至急下記のURLへアクセスして取引内容を確認してください。」

事前対策・対処法

フィッシング詐欺の被害にあわないためには、ご利用になる前にウェブサイトが「本当にオリックス銀行のウェブサイトであること」をご確認いただくことが大切です。

オリックス銀行のウェブサイトであることをご確認ください

預金用
カードローン用

不正なポップアップ画面に注意する

インターネットバンキングにログインした後に、不正にポップアップ画面が表示され、暗証番号などのお客さま情報を盗み取ろうとする犯罪が一部の国内銀行で発生しております。お客さまのパソコン・スマートフォンがウイルスに感染することなどによって、同様の事象が発生する可能性もございますので十分ご注意下さい。

不正な画面の一例

お客様カードに記載している確認番号全てを入力するようなページは不正なページです。絶対に入力しないでください。

お客様カードに記載している確認番号全てを入力するようなページは不正なページです。絶対に入力しないでください。

万一、このような画面が表示されお客さまの情報を入力してしまった場合には、ただちに当社までご連絡ください。

不正なポップアップ画面の表示に関する受付

受付時間 24時間受け付けいたします。 1/1のみ休

オリックス銀行の取り組み

オリックス銀行では、フィッシング詐欺に対して次のような対策を行っています。

当社は、合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティよりデジタル証明書(EV SSL証明書)を取得しています。これにより、運営主体であるオリックス銀行が実在していること、httpsで始まるアドレスを使用してやり取りされる情報はすべて、SSLにより暗号化されてから送信される信頼性の高いウェブサイトであることが証明されています。