金融犯罪にご注意ください

オリックス銀行のセキュリティ対策

オリックス銀行では、お客さまに安心してサービスをご利用いただけるよう、以下のセキュリティ対策を行っています。

金融犯罪の手口については金融犯罪にご注意くださいをご覧ください。

無料ウイルス対策ソフトウェア「SaATNetizen」のご利用をお勧めしています

ウイルスによる口座情報の漏えいや不正送金からお客さまをお守りする無料ウイルス対策ソフトウェア「SaATNetizen」のご利用をお勧めしています。以下のバナーをクリックして、ぜひ詳しい説明をお読みください。

SaATNetizen(無料)不正送金やウイルスをブロック 詳細・インストールはこちら

SSL暗号化通信により、お客さま情報を保護しています

当社ウェブサイトでは、個人情報を入力していただく専用フォーム部分にはすべてSSL(Secure Sockets Layer)128bitの暗号化方式を採用し、お客さまの情報を暗号化して通信しています。
SSLはさまざまなセキュリティ技術の組み合わせにより、データの盗取、漏えい、改ざんなどを防ぎます。また、第三者がこの暗号を解読するために必要な「正しい電子鍵」にたどり着くのは、極めて困難であるといわれています。

2つの認証要素により、取り引きの安全性を高めています

インターネット上で取り引きを行うにあたり、預金の場合はパスワードと確認番号(16けた)が、カードローンの場合はログインIDとパスワードが必要となります。2つの認証要素を組み合わせて用いることにより、取り引きの安全性を高めています。

一定回数以上、パスワードなどの入力を間違えると、取り引きができなくなります

パスワード(預金用・カードローン用)や暗証番号(カードローン用)は、一定回数以上間違えて入力すると、失効し取り引きができなくなります。これは、第三者による不正アクセスを排除するための機能です。

一定時間経過後に、自動的にログアウトします

ログインしたまま30分以上操作がない場合は、自動的にログアウトします。これは、ログインしたままでお客さまがパソコンから離れた場合などに、第三者が不正に使用しないための機能です。

以下の場合には、再ログインが5分間できなくなりますのでご注意ください(預金用)
預金のインターネットバンキング(お取引環境)から、自動的にログアウトした場合や、お取引環境からログアウトする際に、[ログアウト]ボタンをクリックせずウィンドウ右上の[×]ボタンで画面を閉じた場合は、再ログインが5分間できなくなりますのでご注意ください。

シマンテック発行のデジタル証明書(EV SSL証明書)を取得しています

当社は、合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティよりデジタル証明書(EV SSL証明書)を取得しています。これにより、運営主体であるオリックス銀行が実在していること、httpsで始まるアドレスを使用してやり取りされる情報はすべて、SSLにより暗号化されてから送信される信頼性の高いウェブサイトであることが証明されています。

また、EV SSLに対応したブラウザ(Internet Explorer 7以降やFirefox 3以降など)で、httpsで始まるページをご覧いただくとアドレスバーが緑色に変化します。当社ウェブサイトの正当性を一目でご確認いただくことができますので、これにより、フィッシング詐欺の防止に効果があります。

デジタル証明書(EV SSL証明書)の確認方法

EV SSLに対応したブラウザ(Internet Explorer 7以降やFirefox 3以降など)で、当社ウェブサイトのお客さま情報をご入力いただくページ(https://からはじまるページ)を開くと、アドレスバーが緑色に変化します。
また、アドレスバーの右側にはウェブサイト運営組織名(オリックス銀行)と認証局名(ベリサイン)が交互に表示されますので、ご入力いただく前にご確認ください。

アドレスバーの鍵マークをクリックすると、証明書の情報をご確認いただけます。

InternetExplorer 7 で当社ウェブサイトのログイン画面を閲覧した場合の画面表示例

Internet Explorer 7以降をご利用し、アドレスバーが緑色に変化しない場合は、フィッシング詐欺防止機能(Internet Explorer 7)またはSmart Screen フィルター機能(Internet Explorer 8以降)の設定を有効にしてください。

バーチャルキーボードを導入しています

バーチャルキーボードは口座番号入力用、パスワード入力用、確認番号入力用、生年月日入力用の4種類ございます。以下よりご覧ください。

預金 バーチャルキーボード

口座番号を入力する場合
①数字②1文字消す③全て消す④入力⑤整列表示⑥ランダム表示
操作方法
  1. (1)
    口座番号を入力する。
    [数字](①)を押して、選択した数字を入力欄に入力します。
    数字が表示されていないボタンは押せません。
    キー配列の表示切替方法
    • 整列表示させる。
      [整列表示](⑤)ボタンを押して、[数字]を0から順に並べ替えます。
    • ランダム表示させる。
      [ランダム表示](⑥)を押して、[数字]をランダムに並べ替えます。
  2. (2)
    入力した口座番号を訂正する。
    [1文字消す](②)または[全て消す](③)を押して、入力内容を消します。
    [1文字消す](②):入力欄の値を後ろから1文字ずつ消します。
    [全て消す](③):入力欄の値をすべてクリアします。
  3. (3)
    入力した口座番号を確定する。
    [入力](④)ボタンを押すと、元の画面に入力した口座番号が表示されます。
パスワードを入力する場合
①文字・数字・記号②1文字消す③全て消す④入力⑤整列表示⑥ランダム表示
操作方法
  1. (1)
    パスワードを入力する。
    [文字・数字・記号](①)を押して、選択した数字を入力欄に入力します。
    文字・数字・記号が表示されていないボタンは押せません。
    キー配列の表示切替方法
    • 整列表示させる。
      [整列表示](⑤)ボタンを押して、[文字・数字・記号]を項目ごとに順に並べ替えます。
    • ランダム表示させる。
      [ランダム表示](⑥)を押して、[文字・数字・記号]を項目ごとにランダムに並べ替えます。
  2. (2)
    入力したパスワードを訂正する。
    [1文字消す](②)または[全て消す](③)を押して、入力内容を消します。
    [1文字消す](②):入力欄の値を後ろから1文字ずつ消します。
    [全て消す](③):入力欄の値をすべてクリアします。
  3. (3)
    入力したパスワードを確定する。
    [入力](④)ボタンを押すと、元の画面に入力したパスワードが表示されます。
確認番号を入力する場合
①数字②1文字消す③全て消す④入力⑤整列表示⑥ランダム表示
操作方法
  1. (1)
    確認番号を入力する。
    [数字](①)を押して、選択した数字を入力欄に入力します。
    数字は左側から順に入力されます。
    数字が表示されていないボタンは押せません。
    キー配列の表示切替方法
    • 整列表示させる。
      [整列表示](⑤)ボタンを押して、[数字]を0から順に並べ替えます。
    • ランダム表示させる。
      [ランダム表示](⑥)を押して、[数字]をランダムに並べ替えます。
  2. (2)
    入力した確認番号を訂正する。
    [1文字消す](②)または[全て消す](③)を押して、入力内容を消します。
    [1文字消す](②):入力欄の値を右側から1文字ずつ消します。
    [全て消す](③):入力欄の値をすべてクリアします。
  3. (3)
    入力した確認番号を確定する。
    [入力](④)ボタンを押すと、元の画面に入力した確認番号が表示されます。
生年月日を入力する場合
①数字②1文字消す③全て消す④入力⑤整列表示⑥ランダム表示
操作方法
  1. (1)
    生年月日を入力する。
    [数字](①)を押して、選択した数字を入力欄に入力します。
    数字が表示されていないボタンは押せません。
    キー配列の表示切替方法
    • 整列表示させる。
      [整列表示](⑤)ボタンを押して、[数字]を0から順に並べ替えます。
    • ランダム表示させる。
      [ランダム表示](⑥)を押して、[数字]をランダムに並べ替えます。
  2. (2)
    入力した生年月日を訂正する。
    [1文字消す](②)または[全て消す](③)を押して、入力内容を消します。
    [1文字消す](②):入力欄の値を後ろから1文字ずつ消します。
    [全て消す](③):入力欄の値をすべてクリアします。
  3. (3)
    入力した生年月日を確定する。
    [入力](④)ボタンを押すと、元の画面に入力した生年月日が表示されます。

カードローン バーチャルキーボード

①文字・数字・記号②1文字消す③全て消す④入力⑤整列表示⑥ランダム表示
操作方法
  1. (1)
    ログインID/パスワードを入力する。
    [文字・数字](①)ボタンを押して、選択数字を入力欄に入力します。
    文字・数字が表示されていないボタンは押せません。
    キー配列の表示切替方法
    • 整列表示させる。
      [整列表示](⑤)ボタンを押して、[文字・数字]を項目毎に並び替えます。
    • ランダム表示させる。
      [ランダム表示](⑥)ボタンを押して、[文字・数字]を項目毎にランダムに並び替えます。
  2. (2)
    入力したログインID/パスワードを訂正する。
    [1文字消す](②)または[全て消す](③)を押して、入力内容を消します。
    [1文字消す](②):入力欄の値を後ろから1文字ずつ消します。
    [全て消す](③):入力欄の値を全てクリアします。
  3. (3)
    入力したログインID/パスワードを確定する。
    [入力](④)ボタンを押すと、元の画面に入力したパスワードが表示されます。

ファイア・ウォールによる保護をしています

当社のシステムは、ファイア・ウォールによって保護しており、外部からの不正侵入を防止しています。
また、セキュリティホールがないことを定期的に検査しています。

システム安定稼動のため二重化構成をとっています

当社の主要システムは二重化構成をとっており、システム障害発生時も待機系システムに切り替えて運用できる構成をとっています。

複数承認機能(法人eダイレクト預金用)を導入しています

複数承認機能とは、「定期預金作成」「定期預金中途解約」「満期時取り扱い変更」「振込」「振込取り消し」「普通預金口座解約予約」の6取引に関して、複数(2名)の口座管理者が承認することで取り引きが確定する機能となります。

振込内容のモニタリングをおこなっています

当社の基準に照らし、第三者が操作した可能性があると思われる振込は、一時的に振込手続きを停止し、お客さまへ電話やメール等で、お客さまご自身による操作であるかどうかや振込依頼内容について、確認させていただくことがあります。

電子署名付き電子メールを導入しています。

フィッシングメール対策の一環として、当社からお客さまにお送りするメールに電子署名付き電子メールを導入しています。これにより、「メールの送信者がオリックス銀行であること」と、「メールが途中で改ざんされていないこと」をお客さまご自身でご確認いただけます。

電子署名付き電子メールとは

電子署名とは、インターネット上の文書の作成者が確かにその人本人であることを確認する手段であり、紙の文書に例えるとサインや印鑑に相当します。
例えば、Windowsに同梱されているメールソフトOutlookで電子署名付き電子メールを受信した時は、赤い電子署名マークが表示されることにより、お客様が間違いなくその送信元から送られてくるメールであることをご確認いただけます。

対象のメール

オリックス銀行からお客さまにお送りさせていただく「ご案内メール」や「メールマガジン」が対象です。
個々のお取り引き等に応じてお送りさせていただく「お知らせメール」やお問い合わせに対する「回答メール」は対象外となります。

対応ソフト

電子署名付き電子メールのご利用には、パソコンのメール受信用ソフトとして、S/MIMEに対応しているソフトを利用していただく必要があります。
WEBメール、携帯メール、スマートフォン(アンドロイド)の標準メールアプリ Gmailではご利用できません。対応していないメールソフトをご利用の場合、メール本文は表示されますが、電子証明書は「smime.p7s」(※)というファイルとしてメールに添付されます。

この添付ファイルを開いても電子署名の確認はできませんのでご注意ください。

確認方法

次の4点をご確認ください。

Outlookの場合、赤い電子署名マークをクリックし、ポップアップ画面の詳細ボタンを順次クリックすることにより、上記(2) -(4) の内容をご確認いただけます。