金融犯罪にあわないために

金融犯罪にあわないために、お客さまにご注意いただきたいことをまとめておりますので、ぜひご一読ください。
また、金融犯罪にあわれた場合には、速やかに当社へご一報ください。併せてお近くの警察署へお届けください。

<例>
  • お客様カード(預金用)やローンカード(カードローン用)の紛失・盗難により被害にあわれた場合
  • 心当たりのないログインや取り引きがあった場合
  • その他、不審に思われたことがあった場合

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心!

お客さまにご注意いただきたいこと

フィッシング詐欺にご注意ください

フィッシング詐欺とは、ニセの金融機関のウェブサイトに誘導し、お客さまのIDやパスワードを入力させ、不正に盗み取る行為です。特に、金融機関を装ったEメールに記載しているURLアドレスから、ニセのウェブサイトに誘導するケースがあります。

スパイウェアにご注意ください

スパイウェアは、フリーソフトに添付されていたり、Eメールに添付されていたりすることが多く、そのフリーソフトをインストールしたりファイルを開いたりすることで自動的にインストールされます。
インストールされると常時起動し、不正に取得したお客さまの個人情報をスパイウェアの配布元に送信します。そして、悪意ある第三者が入手したIDやパスワードを利用して本人になりすまし、取引環境にログインして、不正に預金を引き出すなどの事件が問題となっています。

金融機関を装った不審なメールにご注意ください

金融機関を装った不審なEメールによる不正取引が一部の国内銀行で発生しています。
当社からお客さまに対してEメールや電話により、お客さまのログインパスワード・確認番号(16けた)などを伺うことは一切ございません。
万が一不審なEメールを受け取った場合は、そのEメールへの返信や、Eメールにより誘導されたウェブサイトでログインパスワード・確認番号などの重要な情報を入力しないよう、十分ご注意ください。

不正なポップアップ画面にご注意ください

インターネットバンキングにログインした後に、不正にポップアップ画面が表示され、暗証番号などのお客さま情報を盗み取ろうとする犯罪が一部の国内銀行で発生しています。当社ではログイン後にポップアップ画面が表示され、あらためてID・パスワードなどの入力をお願いすることはありません。このような事象が発生しても、ID・パスワードなどのお客さま情報の入力は絶対に行わないでください。

不正なポップアップ画面は、お客さまのご利用のパソコンがウイルスに感染することによって表示される場合があります。 このような金融犯罪にあわないために、ぜひ、「安全にお取り引きいただくためのお願い」をご一読ください。

口座を第三者に売買または貸与しないでください

金融機関は口座開設の際に必ず本人特定事項の確認資料による口座名義人の特定、およびマネーローンダリング防止のための名義確認を行い犯罪防止の取り組みを行っております。
犯罪に巻き込まれないためにも、口座を第三者に売買または貸与しないでください。

振り込め詐欺にご注意ください

振り込め詐欺(ふりこめさぎ)は、電話やはがきなどの文書などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する犯罪行為であり、「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」などの総称です。

例えば、電話で家族、警察官、弁護士などを装い、身内の危機や借金返済などの架空話を用いてお客さまを欺き、現金振込などを要求したり、電話でインターネットバンキングのID、パスワードなどを聞きとり、悪用したりする事例があります。手口は多様化していますので、ご注意ください。