人事メッセージ

求める人材像 若手でも責任ある仕事を与えられるチャレンジングな風土が成長の鍵

オリックス銀行は総合的な銀行サービスではなく、得意分野に特化し強みのある商品・サービスをご提供している銀行です。多くの銀行は預金から始まり、投資信託、融資その他金融に関係する商品がフルラインアップされていますが、当社では取り扱う商品を絞り、その商品性・サービスの質を高めることで他行との差別化を図っています。例えば、預金の主力商品である「eダイレクト定期預金」は店舗を持たないことでコストを削減し、お客さまへ高い金利という形で還元しています。また、収益の主軸である住宅ローンは、当社がこれまでに培ったノウハウが評価され、マーケットで高いシェアを誇っています。

会社の一番の財産は「人」であり、その「人」によって、当社の特徴のある商品やサービスがつくられていますが、オリックスグループでは「求める人材像」として「Creativity」・「Challenge」・「Team Play」の3つを挙げています。例えば、他社では取り扱いが難しいといわれた融資案件を実現する場合、まずは、難しくても何とかして形にしようというチャレンジ精神が求められます。また、その実現に向けて、いろいろと工夫していくクリエイティビティが求められます。そして、1人でできること、考えられることには限りがあるため、他者に知恵を借りながら、問題を解決していこうとするチームプレーの精神も求められます。「Creativity」・「Challenge」・「Team Play」を重視する風土が当社の成長の原動力であると考えています。

新入社員1年目はトレーナーと呼ばれる先輩社員がついて指導する体制をとっていますが、1年目も終わりになる頃には独り立ちして自分自身で仕事を進めていくようになります。当社では若い担当者が経営幹部に直接、業務上の説明などを行うことも珍しくありません。若手に責任ある仕事を与えるのも「Challenge」を重視する当社の風土ならではのものです。

eダイレクト定期預金や住宅ローンに加え、カードローン、金銭信託など、オリックス銀行は常に新しい分野へと挑戦し続けています。このようなチャレンジングな風土で働いてみたいという意欲を持った方は、当社で大きな成長を遂げることができると思います。皆様の積極的なチャレンジを心よりお待ちしております。