社員を知る

新天地で己の進化を求め、
自主自立した営業として一段階成長。

リテール営業部門(総合職) | 2015年中途入社 海老沢 洋平

自立し信念を持って案件に当たる責任。

生命保険会社に6年勤め、営業職としてオリックス銀行へ転職しました。以前の会社とは雰囲気も社風もまったく異なり、トップダウン的ではなく、個々の社員が自立して考えながら、スピード感を持って仕事に取り組んでいます。自分もここでなら、進化できると感じました。

入社した頃は、文化の違いに最初は戸惑いました。例えば上席に案件の承認を得る際にも、自分なりの考えを持って相談する必要がありました。個人の考えを強く打ち出して案件を担当することは、これまでにはない経験でした。けれど自分の考えを尊重してもらえる分、これまで感じたことのないようなやりがいも感じるようになり、今は充実感でいっぱいです。自分の意見が反映される反面、行動や言動には責任が伴いますが、自主自立を必然的に意識するようになり、入社前に感じていた進化の予感が、今は実感に変わりました。

お客さまに価値のある投資をしていただくために。

私の担当は個人向けの不動産投資ローンの営業です。お客さまが購入を希望するアパートやマンションを、立地や賃料水準、周辺の賃貸需要、管理状況といったことから評価し、お客さまの状況をヒアリングしてニーズに合ったファイナンスを提供します。そこで私が重視するのは、お客さまにとって価値のある投資となる案件かどうかということです。不動産を購入すれば長期間その物件を所有される訳ですから、将来的にも利益を出せる不動産かどうか、見極める必要があります。お客さまとお会いする面談の際には形式的なことだけでなく、お客さまの考え方や、これまでどういった選択をしてきたのかといった、投資に対する姿勢も細かく伺います。また、私自身も物件をどう評価するのか率直にお伝えします。金利だけで判断するなら、金融機関は他にもあるでしょう。しかし目先の条件だけに左右されるのではなく、長く価値を保ち続ける不動産投資が叶うようなアドバイスを心がけています。私の考えを理解してくださり、最後には納得して不動産を購入され、ローンを借りいただいて「アドバイスどおりにしてよかった」と感謝された時は、やはりうれしいものです。

会社の進化に対応し、自分も率先して行動

お客さまの状況や不動産は千差万別のため、融資案件はどれも個性があります。通常なら難しい相談内容でも、解決策や代替案が示せるのもオリックス銀行の良さ。マニュアル通りではない工夫を凝らすのが仕事の面白さです。責任も伴いますが、柔軟な発想で仕事をしていけるのは、大きなやりがいです。

入社してから2年が経ちますが、毎日目まぐるしく会社や営業現場は、変化しています。現場のアイデアや意見を商品化するスピードの速さには、驚きました。自由で柔軟な分、営業は一人ひとりが自立する必要があります。私も自分の色を出そうと思い、不動産会社の新規開拓も、意識して行っています。新しい不動産会社に新商品を率先して案内し、取引先の拡大につながったことは、社内でも評価されました。新しいことにチャレンジし、結果をだすことは自信にもなり、またやりがいも増えます。今後も自分で良いと思えることはどんどん行動に移し、会社に貢献していけたらと思っています。

ある日のスケジュール

  1. 10:00

    上司とともに不動産会社へ情報交換のための訪問。不動産マーケット情報や流通物件の情報などを入手。

  2. 13:00

    お客さまとのアポイントのため、外出。不動産購入を検討されているお客さまのため、条件面などのヒアリングを実施。

  3. 15:00

    社内に戻り、先程訪問したお客さまが希望している条件面を不動産会社へ連絡。直接お客様とリレーションを取っていただき、フォローいただくよう交渉を行う。

  4. 17:00

    担当先のお客さまへの定例電話連絡実施。訪問アポイント。定期的にお客さまとのコミュニケーションを密に取ることで、ニーズを常に把握し、スピーディーな対応ができるよう心がけている。

  1. 09:00

    お申込みをいただいたお客さまの事前審査を進める。融資対象物件の評価なども同時に行う。

  2. 13:00

    取り組み可能な案件なのか社内で協議する。事前に準備した資料をもとに、上席と方針を話し合い、結論を出す。

  3. 14:00

    協議結果に基づき、物件評価などの審査を進めてより詳細な補足資料を作成する。

  4. 16:00

    協議した事前審査の結果をお客さまに連絡し、案件を進める。

  5. 17:00

    お客さまと決めた方針に沿って本審査用の書類を作成。お客さまとの面談のアポイントなど、スケジュールの調整を進めていく。

  1. 09:00

    融資対象物件の管理状況から周辺の賃貸アパート状況、周辺環境などの実地調査に赴く。晴れた日を選んで行く。

  2. 11:00

    実地調査のあとは、物件を管轄する区役所などで、不動産物件の調査を行う。

  3. 14:00

    物件の実地調査から気になった点などを、担当の不動産会社に問い合わせる。

  4. 16:00

    物件の実地調査結果をまとめ、評価を行う。