社員を知る

“オリックス銀行ならなんとかしてくれる”
難しい案件でも信頼に応えたい。

リテール営業部門(総合職) | 2015年新卒入社 井手 亜優

一人ひとりの役割が大きい会社で、自分の成長を目指す。

「早く独り立ちをして、成長できる環境で働きたい」と考え、会社を探していました。そこで目に留まったのが、不動産融資に強みを持ち、ユニークな事業を展開し続けるオリックス銀行でした。会社訪問を行うと若い方が目立ち、中途採用も多く、多様な個性を感じる職場でした。女性も生き生きと働いており、社員一人ひとりの役割が大きい環境ならば早く成長できると思えたことが入社の決め手になりました。

リテール営業部門の一員として、投資用マンションを購入される個人のお客さまへの融資を担当することになりました。配属後はトレーナーと呼ばれる先輩の下で業務を学びますが、数か月後には、取引先である不動産会社との交渉やお客さまとお会いして商品説明を行わなければいけません。一人ひとりが担当する業務内容も責任も大きく、やりがいを感じるとともに、「早く仕事を覚えて活躍したい」という気持ちで必死に頑張りました。現在は、担当する取引先の不動産会社も増え、お客さまにお会いするために出張で全国を飛び回っています。私のような若手社員がお客さまを訪問すると驚かれることがありますが、担当として誠心誠意対応していると、年齢や経験に関係なくお客さまや不動産会社から評価をしていただけ、私の励みになっています。

難しい案件でもあきらめず、可能性をさぐる。

業務内容としては、投資用マンションを購入される個人のお客さまに対し、申込受付からご融資実行までを一貫して担当します。まだ経験が浅い分、判断に迷うこともありますが、何でも先輩に聞くのではなく、まずは自分なりに考えることを大事にしています。

案件の中には、ご相談を受けた段階で、一見取り組みが難しい案件もあります。しかし当社の強みである柔軟な与信スタンスを生かし、融資実行の可能性を探ります。案件を多角的に捉えて工夫することで、融資実行に結びつき、お客さまが喜んでくださるとホッとします。少々ハードルの高い案件でも「オリックス銀行ならなんとかしてくれる」と相談されることは、それだけ当社の不動産融資の専門性が評価されているからだと感じられます。お客さまや取引先の不動産会社からの期待に応えられて感謝されたときは、苦労も大きなやりがいとよろこびに変わります。

お客さまにとって安心信頼を与えられる存在に。

責任ある仕事を任せられ自分でも業務の中で成長を実感していますが、最初は失敗の連続でした。お客さまにお話を伺う際、商品についてうまくご説明できずお客さまのお時間を沢山いただいてしまった経験もしました。さまざまなお客さまがいらっしゃるため、常に同じ説明方法で伝わる訳ではありません。説明がわかりにくい時は、先輩のフィードバックを元に話し方や話す順番などを工夫しました。また、お客さまとお会いする機会を重ねるうちに、自分で「ここはわかりにくいな」という部分も見えてきました。コツを掴んでからは複雑な部分は噛み砕いてご説明すると、「こんな説明は他の金融機関ではなかった」「わかりやすかった」と言われることが増えました。経験を重ねることで、「お客さまに安心を与えられた」と思うと同時に、営業としても自信を持つことができるようになりました。

今の目標は、取引先の不動産会社に頼られる営業に成長することです。与えられた仕事をこなすだけではなく、お客さまや取引先の不動産会社にも常にオリックス銀行を選んでいただけるように、さらに自分の幅を広げて、オリックス銀行の一員として活躍したいと思っています。

ある日のスケジュール

  1. 09:30

    融資の前に事前審査を行う。ローン申込書類をはじめ、お客さまから情報提供をしてもらい、物件評価などすべての資料をまとめて、審査。場合によってはお客さまへ追加書類のご依頼や、上司への相談を行う。

  2. 14:00

    事前審査を終え、本審査用の書類を用意。

  1. 11:00

    担当している不動産会社へ前月の販売実績や業況をヒアリングに行く。

  2. 15:00

    不動産会社への訪問が終わると、融資対象物件の実地調査へ。駅からのアクセスや周辺環境など、実際に歩いて確かめる。自分の目で見て魅力的な賃貸物件かどうかを確認する。

  1. 12:00

    お客さまにアポイントを取り、商品説明などを面談という形で行う。商品およびリスクについての説明、投資用マンションの購入動機や資産状況などのヒアリング、同時に必要書類への記入・捺印をいただく。

  2. 16:00

    融資の本審査のため、申請書を作成。面談時にヒアリングした内容をわかりやすく簡潔にまとめる。