仕事を知る

信託部門

オリックス銀行の特徴

法人向け管理型信託から新たな信託市場の開拓へ

信託銀行として設立され、資産流動化ニーズの高まりにより法人向けの管理型信託を主に展開してきました。パッケージ化されておらず、案件ごとにリスク分析を行い取り組みの検討を行っています。これにより、多様な案件の受託が可能となり、お客さまの資金調達だけではなく、資金運用へのニーズに対応しています。また、2013年から新たに個人向けの「eダイレクト金銭信託」の取り扱いを開始しています。インターネット取引に特化した貸付金運用型金銭信託で、分かりやすくシンプルな運用を行い、コストを抑えた分高い予定配当率を提示するという無店舗型の当社ならではの商品です。

信託部門では、お客さまのニーズに合う、信託という形を利用した新たな市場の開拓に努めています。

この部門の社員を見る