かんたん相続信託

相続人と遺留分について

相続人の範囲と順位

相続人となる方の範囲と順位は、民法において定められています。配偶者は、常に相続人となります。その他の相続人(子・直系尊属・兄弟姉妹)については、順位があり、先順位の者が優先して相続人となります。子が第1順位、直系尊属が第2順位、兄弟姉妹が第3順位となり、例えば第1順位である子が存在する場合には、直系尊属と兄弟姉妹は相続人になりません。

直系尊属とは、父母・祖父母などご本人より前の世代で、直通する系統の親族をいいます。

省略

遺留分

「遺留分」制度とは、配偶者・子・直系尊属に対して最低限の相続割合を民法で定めるものであり、その割合も決められています。兄弟姉妹に、遺留分はありません。
相続財産の分け方が、遺留分を侵害することになった(最低限の相続割合を下回った)場合、侵害された相続人は、侵害した他の相続人に対し、「遺留分減殺請求」として侵害された部分を請求して取り戻すことができます。

相続人と遺留分の例示
相続開始時に存在する方 相続人 遺留分
配偶者のみ 配偶者のみ 1 / 2
配偶者と子 配偶者と子 配偶者1 / 4 子1 / 4
配偶者と父母 配偶者と父母 配偶者1 / 3 父母1 / 6
配偶者と兄弟姉妹 配偶者と兄弟姉妹 配偶者1 / 2 兄弟姉妹なし
配偶者はおらず、子がいる 子のみ 1 / 2
配偶者と子はおらず、父母がいる 父母のみ 1 / 3
兄弟姉妹のみ 兄弟姉妹 なし

かんたん相続信託のご注意事項

お申し込みに際しまして

  • この信託契約をお申し込みいただけるお客さま(委託者兼受益者となる方)は、日本国籍を有し、日本国内に住所を有する20歳以上の個人で、後見人等の代理人を必要とされない方となります。
  • 受取人として、お客さまご自身の推定相続人で、日本国籍を有し、日本国内に住所を有する方からお一人さまをご指定いただきます。受取人は、信託契約日において満20歳以上で、後見人等の代理人を必要とされない方とします。ご指定後に受取人を変更することはできません。
  • お申込金額は、100万円以上3,000万円以下(100万円単位)となります。ただし、お客さまがご保有の金融資産の1/3までの金額とさせていただきます。
  • 他の相続人の遺留分を侵害している場合には、受取人へのお支払いができないことがあります。相続人の方の遺留分等をご考慮いただき金額を決定ください。

信託契約期間におきまして

  • 管理報酬はかかりません。運用報酬として、毎年の計算期日および信託終了日に、運用収益からお客さまへの収益金および信託財産に関する租税その他信託事務の処理に必要な費用を差し引いた金額を当社は受領します。
  • 信託終了日前であっても、他の信託の終了事由(お客さまからの請求による信託契約の中途解約、お客さままたは受取人がお亡くなりになった場合等)が生じた場合には、この信託契約は終了します。
  • お客さまは、信託終了日前に、当社所定の時期および手続きによりこの信託契約を中途解約することができます。当社にてご請求に係る書類の完備を確認後、原則5営業日以内にお振り込みをいたします。また、各計算期日の15営業日前から当該計算期日までの間はお支払いができません。当該計算期日以降の受け付けとさせていただきます。

相続発生時のお支払い

  • 相続発生時は、受取人の方が当社にご連絡のうえ、必要書類をご郵送いただき、お手続きをお願いいたします。お支払いにあたっては、必要に応じて法令に基づく取引時確認等の所定の手続きを行います。
  • 他の相続人の遺留分を侵害している場合には、受取人へのお支払いができないことがあります。
  • 各計算期日の15営業日前から当該計算期日までの間はお支払いできません。

その他

  • この商品は金銭信託であり、預金とは異なります。
  • 予定配当率はこれを保証するものではなく、当社は利益の補足を行いません。

まずはお電話にて資料をご請求ください。

かんたん相続信託デスク

受付時間 9:00~17:00 (土日祝および12/31~1/3休)

※ 資料請求は、土日祝も受け付けしています(1/1のみ休)。