投資信託の費用と税金

オリックス銀行では、投資信託について購入 、各種費用をお客さま(投資家)にご負担いただいています。

投資信託を購入する際、お客さま(投資家)は販売会社に「購入時手数料」を支払います。最近は、ノーロードといって購入時手数料が無料の投資信託も増えています。投資信託のうち「アクティブファンド」を購入する場合、購入時手数料が必要となる販売会社も多くありますが、オリックス銀行がインターネットで販売する投資信託の「アクティブファンド」は原則ノーロードとなっており、ご負担いただく購入時手数料はありません。
運用期間中は信託財産から間接的に「信託報酬」が差し引かれます。また、信託財産からは、「監査報酬」「売買委託手数料」などの費用が差し引かれます。換金時には、信託財産留保額をご負担いただく投資信託もあります。

投資信託を購入する際に、どのような費用をお客さま(投資家)が負担するかについては、目論見書等で確認することができます。お客さま(投資家)が投資信託の購入を検討される上で、いくら費用(コスト)が発生するのか知ることはとても重要なことですので、内容を十分ご確認ください。

投資信託の費用の一覧

購入時手数料

時期:
  • 購入時
  • 保有時
  • 換金時
支払い方法(直接・間接) 直接
費用の内容 購入時に販売会社に支払う費用です。申込価額の数%をその費用として支払います。
投資信託や販売会社によってはこの費用がない場合もあります(※ノーロード)。

POINT

購入時手数料は、同じ投資信託でも販売会社によって料率が異なりますので、注意しましょう。

オリックス銀行がインターネットで販売する投資信託には、原則お客さまにご負担いただく購入時手数料はありません。

運用管理費用(信託報酬)

時期:
  • 購入時
  • 保有時
  • 換金時
支払い方法(直接・間接) 間接
費用の内容 投資信託の運用・管理の対価として投資信託財産から支払われる費用のことです。運用管理費用(信託報酬)は信託財産から日々差し引かれるため、お客さまは、投資信託を保有している期間は、間接的にその費用を負担していることになります。ファンド・オブ・ファンズ等の場合には、投資した先の投資信託でも運用管理費用(信託報酬)がかかるため、そこまでの費用も含めて「実質的な信託報酬率」といいます。

その割合及び額は交付目論見書や運用報告書の運用管理費用(信託報酬)の項目に記載されています。

POINT

投資信託の種類によって信託報酬は異なりますが、当社が販売する投資信託の実質的な信託報酬率は「年率0.9~1.1%程度(税込)」です。詳しくは、各投資信託の目論見書等でご確認ください。※2018年5月28日現在

監査報酬等

時期:
  • 購入時
  • 保有時
  • 換金時
支払い方法(直接・間接) 間接
費用の内容 投資信託の計理が公正に行われているか監査するための費用のことです。監査は、投資信託ごとに受ける必要があり、監査を受けるために必要な公認会計士や監査法人に支払う報酬は信託財産から支払われます。お客さまには間接的にこの費用をご負担いただきますが、投資信託の計理が正確に行われているのか、第三者である監査人が監査することにより、投資信託の公正性・透明性の確保にもつながります。

POINT

これらの費用は、投資信託によって異なります。また、その合計金額は、運用状況や保有期間等によっても異なります。

信託財産留保額

時期:
  • 購入時
  • 保有時
  • 換金時
支払い方法(直接・間接) 直接
費用の内容 信託期間の途中に投資信託を換金した場合に負担する金額のことです。あるお客さまが換金する際に必要な事務手数料を賄うという意味合いがあります。信託財産留保金を負担しなければ、これらの手数料は残りのお客さまが負担することになり、不公平が生じることから、これを回避するために負担されます。

POINT

投資信託によっては一切負担しないもの、保有期間によって軽減するもの、一定期間保有すれば負担されないものなど、さまざまなものがあります。
負担された額は信託財産内に留保され、基準価額等に反映されます。

投資信託の費用の詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)や目論見書補完書面などでご確認ください。

eダイレクト預金口座をお持ちでない方

eダイレクト預金口座開設

投資信託のお申し込みには、eダイレクト預金口座が必要です。

eダイレクト預金口座をお持ちの方

投資信託口座開設および
ご利用開始までのお手続き

投資信託TOP