預金ログイン

「eダイレクト預金」、「優遇金利付き普通預金」などの「お客さま専用ページ」へログインできます。


預金保険制度

預金保険制度とは、金融機関が預金などの払い戻しができなくなった場合などに、預金者など(以下、「預金者」といいます)を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。わが国の預金保険制度は、「預金保険法」(昭和46年制定)により定められており、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された預金保険機構が制度の運営主体となっています。

預金保険についての詳細は、下記ウェブサイトでご確認ください。

預金保険の対象商品と保護の範囲

金融機関が破たんしたときに預金保険で保護される預金など(「付保預金」といいます)の額は、保険の対象となる預金などのうち、決済用預金(無利息、要求払い、決済サービスを提供できること、という3要件を満たす預金)に該当するものは全額であり(恒久措置)、それ以外の預金などについては1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息などになります。
預金保険の対象となる預金などのうち、決済用預金以外の預金などで元本1,000万円を超える部分および保険対象外の預金など並びにこれらの利息などについては、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われるため、一部カットされることがあります。

預金などの分類 保護の範囲
預金保険の対象預金など 決済用預金 当座預金・利息の付かない普通預金など 全額保護
一般預金など 利息付きの普通預金・定期預金・定期積金・元本補てんのある金銭信託(ビッグなど)など 合算して元本1,000万円までとその利息などを保護
預金保険の対象外預金など 外貨預金、元本補てんのない金銭信託(ヒットなど)、金融債(保護預かり専用商品以外のもの)など 保護対象外
  • 「eダイレクト金銭信託」は預金保険制度の対象外です

メンテナンスのお知らせ

2017年1月1日(日)午後3時00分~1月2日(月)午前9時00分にかけ、システム・メンテナンスのため、カードローンに関するインターネットからのお申し込みやお取り引き等がご利用いただけません。