プレスリリース2015年3月期中間期(2014年4月~2014年9月)決算について

Press Release

2014年11月21日

各 位

オリックス銀行株式会社

2015年3月期中間期(2014年4月~2014年9月)決算について

中間純利益は過去最高の44億円(前年同期比27.4%増)

オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮 明夫)の2015年3月期中間期(2014年4月1日~2014年9月30日)の業績は、個人向け貸出金の増加による資金運用収益の増加や、貸倒引当金の戻し入れにより、経常収益は205億円(前年同期比30億円増加)となりました。また、当期もカードローン事業の強化に伴う広告宣伝費などにより営業経費は増加しましたが、経常利益は69億円(同12億円増加)、中間純利益は過去最高の44億円(同9億円増加)となりました。

主な経営指標について

  2013年9月期 2014年9月期 増減額 増減率
経常収益 174億円 205億円 30億円 17.2%
経常利益 57億円 69億円 12億円 21.5%
中間純利益 34億円 44億円 9億円 27.4%
  2014年3月末 2014年9月末 増減額 増減率
総資産 14,577億円 15,335億円 757億円 5.1%
純資産 1,275億円 1,322億円 47億円 3.6%
自己資本比率 11.3% 10.9%
リスク管理債権比率 0.63% 0.52%
  • 2014年3月期より、国内基準行として新基準(バーゼルⅢ)による計算方法を適用しています。
  2014年3月末 2014年9月末 増減額 増減率
預金残高
(譲渡性預金を含む)
12,073億円 12,190億円 117億円 0.9%
貸出金残高 10,653億円 11,168億円 514億円 4.8%
信託財産残高 4,407億円 4,423億円 15億円 0.3%

以上