個人向け預金残高および個人向け不動産融資残高1兆円突破のお知らせ

ニュースリリース

2015年8月31日

オリックス銀行株式会社

オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:浦田 晴之)は、個人向け預金残高および個人向け不動産融資残高がともに1兆円を突破しましたので、お知らせいたします。

当社は1998年のオリックスグループ入り以来、特定の分野において強みのある商品やサービスをお客さまにご提供してまいりました。1999年に発売を開始して通販型定期預金の先駆けとなった『ダイレクト預金』や高水準な金利でインターネット取引専用の『eダイレクト預金』、賃貸を目的とした投資用不動産をご購入するための住宅ローンである『不動産投資ローン』は、当社のユニークな主力商品であり、多くのお客さまにご好評をいただいています。

個人向け預金・個人向け不動産融資の残高推移 2015年8月末1兆円突破

当社の個人向け預金残高および個人向け不動産融資残高は、近年、同水準での伸びを確保し、預け入れ資金をバランスよく安全性の高い貸出金にて運用することにより、低い不良債権比率、高い預貸率を維持し、安定的に収益を確保しています(※1)。また、格付会社からは、健全な財務内容を示す格付を取得しています(※2)

※1 2015年3月末時点:不良債権比率 0.45%、預貸率 91.79%

※2 2015年8月末現在:格付投資情報センター「A+」、スタンダード&プアーズ「A-」

オリックス銀行は、お客さまへの収益還元を第一に、従来の銀行の枠にとらわれない「しなやかな発想」で、今後とも魅力のあるサービスのご提供を行ってまいります。

以上