篠原涼子さんを起用した新テレビCM第2弾「コピー」篇を5月11日(月)から放映開始

ニュースリリース

2015年5月8日

オリックス銀行株式会社

オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:潮明夫)は、女優の篠原涼子さんを起用した「オリックス銀行カードローン」の新テレビCM第2弾「コピー」篇を、5月11日(月)より関東地区、関西地区および名古屋地区で放映を開始しますのでお知らせします。

今回のシリーズでは、「頼られる人」をテーマにCMを展開しています。本「コピー」篇では、先輩・後輩関係の部下2人を見ていた直属の上司(部長)が、書類のコピーすら対応できないほど目先の仕事に追われている後輩に代わり、近くで談笑している役員にコピーを依頼する、という大胆で頼もしい上司の行動を描いています。
第1弾「任せる」篇に続き、カッコイイ魅力的な女性上司を篠原涼子さんに演じていただきました。

忙しい部下のため、大胆にも専務にコピーを頼む篠原さん。

大胆な行動のあとに、きりっとした表情で部下たちに気遣った言葉をかける篠原さん。

オリックス銀行は、そんな「頼られる人」を応援するカードローンをご提供していきたいと考えています。今後もお客さまにとって篠原涼子さんのような魅力のある銀行を目指してまいります。

以上

CMストーリー

「コピー」篇(15秒)

会社のオフィス。
仕事に追われながら働く部下たち。

先輩である部下Aが、後輩である部下Bに対してコピーを依頼する。
(部下A)「おい、これ急ぎでコピー!」

電話をしながら、部下Bが先輩である部下Aにコピーができないことを伝える。
(部下B)「無理っす!」

部下たちの会話を聞いていた直属の上司である部長が、すっと席を立つ。
(部長)「...私に任せて。」

部下に近づき資料を受け取った部長は、コピー機の近くで談笑する専務に呼びかける。
(部長)「専務!コピーお願いします!」

自分のことを指差して、きょとんとする専務。
(専務)「ん?」

資料を掲げて、こくりと頷く部長。
部下へ向き直り、一言。
(部長)「立ってるものは上司でも使えってね。」
そのまま立ち去る部長。

CMの概要

タイトル
「コピー」篇
キャスト
篠原涼子(部長役)
田中啓太(部下A役)
富江春介(部下B役)
天野勝弘(専務役)
放映開始日
2015年5月11日(月)
放映エリア
2015年5月11日(月)より関東・関西・名古屋地区にて放映