会社案内

沿革

1993年

8月 山一信託銀行株式会社として設立

1998年

4月 オリックスグループ入り
8月 オリックス信託銀行株式会社へ商号を変更

1999年

3月 無店舗販売方式による「ダイレクト預金」の取り扱い開始
10月 住宅ローン事業開始

2001年

3月 インターネット取引専用預金「eダイレクト預金」の取り扱い開始
10月 株主割当増資200億円を実施(増資後の資本金は300億円)

2009年

3月 法人向け商品・サービスの拡充にともない、東京・大阪に法人営業部を新設
5月 「法人eダイレクト定期預金」の取り扱い開始
9月 株主割当増資200億円を実施(増資後の資本金は400億円)
10月 本店を東京都中央区日本橋兜町から港区芝へ移転

2010年

3月 総資産1兆円を達成

2011年

3月 株主割当増資100億円を実施(増資後の資本金は450億円)
預金残高(譲渡性預金を含む)1兆円を達成
10月 オリックス銀行株式会社へ商号を変更

2012年

3月 「オリックス銀行カードローン」の取り扱い開始

2013年

5月 「eダイレクト金銭信託」の取り扱い開始

2014年

12月 「eダイレクト2週間定期預金」の取り扱い開始

2015年

8月 個人向け預金および個人向け不動産融資残高1兆円を達成
11月 「かんたん相続信託」の取り扱い開始

2016年

5月 「オリックス銀行カードローン」の融資残高1,000億円を達成

総資産・預金残高の推移

1999年3月から2016年3月までの総資産および預貯金残高は、順調な伸びを示しています。2010年3月に総資産は1兆円を突破し、2011年3月に預金残高は1兆円を突破しました。2016年3月に個人向け預金および個人向け不動産融資残高は1兆円を突破しました。