各種方針利益相反管理態勢について

当社は、お客さまの利益を不当に害する取引を防止するため、お客さまと当社および当社のグループ会社等との間の利益相反管理に関して、以下の管理指針を定め、実施いたします。

1. 利益相反管理の対象となる取引と特定方法

「利益相反」とは、オリックス銀行(以下「当社」といいます)または当社のグループ会社等とお客さまとの間において、利益が相反する状況をいいます。
利益相反は、通常取引においても日常的に生じるものですが、当社では、銀行関連業務および金融商品関連業務において、利益相反管理の対象となる取引(以下「管理対象取引」といいます)として、以下の1または2に該当する恐れがあるものを管理いたします。

  • 1. お客さまの不利益のもと、当社または当社のグループ会社等が不当に利益を得る状況が存在すること
  • 2. 当社または当社のグループ会社等が、お客さまの情報を不適切に利用して、不当に利益を得る状況が存在すること

当社では、お客さまとの取引が管理対象取引に該当するか否かにつき、新規商品等の取扱いの検討、また、既存取扱い商品等について定期的または必要に応じた再確認等を行うことにより、営業部門から独立した利益相反統括管理部署において、適切な特定を行います。

2. 類型・管理対象取引

管理対象取引の該当性は、個別具体的な事情に応じて決まるものですが、当社においては、例えば下記の取引を管理対象取引として管理いたします。

  1. お客さまの利益を図る義務に違反または違反する恐れのある取引

    お客さまの利益を図る義務を当社が負っている取引を行うにあたり、当該義務に違反し、または違反する恐れのある取引
    主な取引例:信託業務において、通常とは異なる条件で取引を行うことにより、信託財産に損害を与える場合

  2. 行為規制等の違反または違反の恐れがある取引

    お客さまの利益を図る義務の有無を問わず、銀行法、金融商品取引法または保険業法等における行為規制や禁止行為に違反し、または違反する恐れのある取引
    主な取引例:取引に際してお客さまの適合性や説明義務に違反し、または優越的地位の濫用の恐れのある場合

  3. 情報の不適切な利用による取引

    上記1または2の取引に伴い、当社または当社のグループ会社等がお客さまの情報を不当に利用する恐れのある取引
    主な取引例:お客さまの情報の漏えいや目的外利用等により当社またはグループ会社等の不当な利益が生じる場合

3. 利益相反管理態勢および管理方法

利益相反管理を適正に遂行するため、当社に利益相反統括管理部署を設置し、利益相反に関する当社およびグループ会社等の情報を集約するとともに、対象取引の特定および管理を一元的に行います。
対象取引の管理方法として、各類型において、それぞれの特性や程度等に応じ、以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択することにより、利益相反管理を行います。また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育を実施し、周知・徹底いたします。

  1. 対象取引の中止
  2. 対象取引の条件または方法の変更
  3. 情報隔壁の設置による部門間の情報遮断
  4. お客さまへの利益相反状況の開示
  5. その他の対応(業法や各規則に則って既に整備されている内部管理態勢を厳格に運用することを含みます)

4. 利益相反管理の対象となる会社の範囲

利益相反管理の対象となるのは、当社および当社グループ会社等のうち、主に下表に掲げる会社です。

自社との関係 会社名
自社 オリックス銀行株式会社
親金融機関等 親会社 オリックス株式会社
親会社の子会社等 オリックス生命保険株式会社
オリックス・アセットマネジメント株式会社
オリックス不動産株式会社
オリックス不動産投資顧問株式会社
オリックス・クレジット株式会社
オリックス債権回収株式会社
子金融機関等 - 該当ありません。

(2015年10月1日更新)