本ウェブサイトのご利用にあたってブラウザのキャッシュ(インターネット一時ファイル)の削除

ブラウザのキャッシュの削除方法

「キャッシュ」とは、ブラウザなどが表示したウェブページのデータを一時的にコンピューターに保存する機能です。次に同じページにアクセスしたときに、インターネット上のデータではなく、保存されたデータを参照するため、すばやく表示できます。
「旧情報が表示される」「設定を変更したのに表示が変わらない」などの問題がある場合、保存されたデータが表示されている可能性があります。キャッシュを削除すると、最新の情報が表示され、問題が解決する場合があります。
ブラウザのキャッシュのクリアは、以下の手順を参照にしてください。

※画像、文言などの詳細はOSやそのバージョンにより異なる場合があります。ご了承ください。

Internet Explorerをご利用の場合

  1. Internet Explorerを起動します。
  2. メニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。
    • 「ツール」が無い場合は、キーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。

  3. 表示されたダイアログの「閲覧の履歴」内にある「削除」ボタンをクリックします。

  4. 表示されたダイアログの「インターネット一時ファイル」のみにチェックをいれて、「削除」ボタンをクリックします。
    • Internet Explorer7の場合は、「インターネット一時ファイル」の「ファイルの削除」をクリックします。

  5. 表示されたダイアログを「×」ボタンで画面をすべて閉じます。
  6. Internet Explorer を全て閉じてから、再度起動します。

Safariをご利用の場合

  1. Safariを起動します。
  2. メニューバーの「Safari」より「キャッシュを空にする」を選択します。